ニュース

Synology、ハイエンド向け2ベイNASキット「DS216+」

〜Braswell搭載で、4K動画のトランスコードにも対応

「DiskStation DS216+」

 台湾Synologyは29日(現地時間)、3.5/2.5インチドライブを2基搭載可能な2ベイNASキット「DiskStation DS216+」を日本国内で発売した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は58,000円前後の見込み。

 ハイエンドユーザー向けのPlusシリーズに該当し、中小企業などでも利用可能な機能の豊富さがウリ。OSには従来通りGUIデザインで操作方法が分かりやすい「DiskStation Manager」を搭載し、メディアサーバー/メールサーバー/FTPサーバー/プリンタサーバーといった機能や、Android/iOSの専用アプリからの外部アクセスなど、さまざまな用途やシチュエーションに柔軟に対応できる。

 CPUはBraswellのCeleron N3050を実装し、暗号化機能のIntel AES-NIをサポート。非暗号化時のリード/ライトが111MB/secであるのに対して、暗号化時の転送速度はリードが113MB/sec、ライトは109MB/secとなる。ホームユーザー向けに、H.264で記録された4K動画を1080pへとトランスコードする機能を備えており、PC/TV/タブレット/スマートフォンといった各デバイスにストリーミングすることができる。

 ストレージのインターフェイスはSATAで、3.5インチドライブはネジを使用しないツールレスでの装着が可能。1ドライブ当たりの容量は8TBまでで、合計16TBを認識する。冗長化はRAID 0/1、JBODのほかに、独自のSHR(Synology Hybrid RAID)に対応し、RAIDに詳しくないユーザーでも容量拡張や修復といった管理を簡単に行なえる。ホットスワップもサポート。USB 3.0/USB 2.0/eSATAの有線インターフェイスを備え、外部ストレージを接続して、データのやり取りをすることも可能。

 ファイルシステムには「Btrfs」(B-tree file system)が使われており、スナップショットやその復元、データ整合性のチェック、メタデータミラーリング、共有フォルダの割り当てコントロールなど、データ保護が強化されている。

 このほか、本体正面のLEDライトの輝度を調整する機能も備える。

 主な仕様は、プロセッサがCeleron N3050(1.6GHz、2コア)、メモリ1GB、冷却用ファンを1基搭載。インターフェイスは、SATA×2、Gigabit Ethernet、USB 3.0、USB 2.0×2、eSATA。

 本体サイズは108×233.2×165mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.25kg。

正面
背面
右側面
左側面

(中村 真司)