ニュース

富士通、15.6型LIFEBOOKに初の4K液晶モデルを追加

LIFEBOOK「AH90/X」

 富士通株式会社は18日、FMVブランドの2016年春モデルのラインナップを発表した。スタンダードノートのLIFEBOOKからは15.6型のAHシリーズを4機種投入。大きなデザイン変更はなされず、Skylake対応やいくつかの機能追加といったマイナーバージョンアップに留まる。1月から2月にかけて発売し、価格はオープンプライス。

 今回はAHシリーズの最上位モデルに、2014年2月に“大人向け”のノートPCとして誕生した「GRANNOTE」ブランドから、「AH90/X」が登場。以前のGRANNOTEでは、男性向けにプロモーションしたということだが、女性にもウケが良かったため、40代以上の男性と女性へと対象を変更した。発売は2月中旬で、税別店頭予想価格は22万円強の見込み。

 ディスプレイの解像度はフルHDから4Kに変わり、タッチパネルには旭硝子製の強化ガラス「Dragontrail」が使われる。サイバーリンク製の写真/動画/音声編集ソフトなどが付属しており、この画面サイズを活かした編集作業を購入して即行なえるようになっている。また、ハイレゾ音源の再生に対応したオンキヨー製スピーカーを搭載し、ノートPC単体で高解像度音源や映画視聴を楽しむことが可能。

 キーボードには、ガラス調でキートップが見やすいバックライト対応のプリズムクリアキーを使用。キーは打ち心地を重視して3段階の押下圧を設け、キーストローク2.5mmを確保している。日本語入力ソフトとしてATOKも付属。

 このほか、富士通のPCコンシェルジュにPCの使い方やオフィスソフトの活用法などを電話相談可能な「My Cloudプレミアム あんしんプラス」の1年無料サポートが付いており、トラブル発生時にはアドバイザーからアドバイスを得ることができる。

 主な仕様は、CPUがCore i7-6700HQ(2.6GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、HDD 1TB、15.6型4K(3,840×2,160ドット)タッチ対応光沢液晶ディスプレイ、BDXLドライブ、OSにWindows 10 Home、Office Home & Business Premium プラス Office 365サービスが付属。

 インターフェイスは、USB 3.0×3、USB 2.0、SDカードスロット、IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.1、HDMI出力、Gigabit Ethernet、200万画素Webカメラ、NFC、音声入出力などを搭載。

 本体サイズは378×256×25.7〜27.4mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約2.5kg。バッテリ容量は45Whで、バッテリ駆動時間は執筆時点では公開されていないが、後日公式サイトにて掲載される予定。


LIFEBOOK「AH53/X」(ブラック)

 LIFEBOOKの中位クラスでは2015年冬モデルの「AH77/W」が継続するが、新機種として「AH53/X」を投入。ディスプレイの解像度は同じフルHDとなるが、AH53/Xはタッチ操作機能を削るなどして、価格が抑えられている。発売日は1月22日を予定し、税別店頭予想価格は20万円強の見込み。

 AH90/Xと同じくハイレゾ音源対応のオンキヨー製スピーカーを搭載。また、バックライトは点かないものの、3段階の押下圧を設けたプリズムクリアキーを装備している。

 主な仕様は、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)光沢液晶ディスプレイを採用する以外は最上位機のAH90/Xと同様で、インターフェイスに関してもNFC非搭載であるほかは共通。本体色はブラック、ホワイト、レッドの3色展開。

 本体サイズ/重量は378×256×24.7〜26.4mm(同)/約2.3kg。バッテリ容量は45Whを備え、バッテリ駆動時間は約5.4時間となる。

ホワイト
レッド

LIFEBOOK「AH45/X」(ブラック)

 LIFEBOOKの下位モデルには「AH45/X」と「AH42/X」の2機種が発表された。それぞれ発売日は1月22日を予定し、税別店頭予想価格は前者が16万円強、後者は14万円強となる。両製品とも本体色としてブラック、ホワイト、レッドの3色を選択できる。

 こちらも両製品ともオンキヨー製スピーカーを搭載。キーボードはプリズムクリアタイプではないが、3段階の押下圧とキーストローク2.5mmは確保されている。

 AH45/Xの主な仕様は、CPUがCore i3-6100U(2.3GHz、同)、メモリ4GB、HDD 1TB、15.6型HD(1,366×768ドット)光沢液晶ディスプレイ、BDXLドライブ、OSはWindows 10 Homeを搭載、Office Home & Business Premium プラス Office 365サービスが付属する。インターフェイスはAH53/Xとほとんど共通部だが、Webカメラが92万画素になっているという違いがある。

 本体サイズおよび重量はAH53/Xと同じ。バッテリ容量も同じ45Whだが、駆動時間は約約7.3時間と、1.9時間長い。

ホワイト
レッド

 一方のAH42/Xは、CPUにBroadwell世代のCeleron 3205U(1.5GHz、同)を採用。光学ドライブにDVDスーパーマルチドライブを搭載するほかは、AH45/Xと変わらない。インターフェイスも共通だ。

 本体サイズ/重量は378×255.9×25.4〜30mm(同)/約2.4kg。バッテリ容量は49Whで、駆動時間は約9.2時間とAHシリーズの中では最長となる。

LIFEBOOK「AH42/X」(ブラック)
ホワイト
レッド

(中村 真司)