ニュース

Lenovo、オーバークロック可能な17.3型ゲーミングノート「ideapad Y900」

〜メモリ最大64GB、GeForce GTX 980M搭載

Y900

 Lenovoは4日(米国時間)、ゲーミング向けラインナップ“Y”シリーズに、17.3型ノート「ideapad Y900」、デスクトップ「ideacentre Y900 RE(Razer Edition)」、27型湾曲ディスプレイ「Y27g Curved Gaming Monitor」、「Y27g RE(Razer Edition) Curved Gaming Monitor」の追加を発表した。

ideapad Y900

 ideapad Y900は17.3型ゲーミングノート。CPUにオーバークロック可能な第6世代Core i7“K”プロセッサ、GPUにGeForce GTX 980M(4GBまたは8GB)を搭載するなど、ハイスペック指向となっている。米国での最小構成価格は1,999ドルからで、2016年6月発売予定。

 キーボードはメカニカルタイプを採用。マルチカラーのキーボードバックライトを装備し、光り方などを変更できる。また、1キーでCPU、メモリ、GPU性能を高められるという「One Key Turbo」を備える。

 最大構成は、CPUに第6世代Core i7“K”シリーズ、メモリ64GB(DDR4)、512GB PCI Express SSD(RAID 0)および1TB HDD、GeForce GTX 980M、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応17.3型IPS液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを搭載する。

 インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 3.0×3、USB 2.0、USB 3.1 Type-C(DisplayPortおよびThunderbolt兼用)、HDMI 2.0出力、DisplayPort、音声入出力、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線(Killer Wireless-AC 1535)+Bluetooth 4.0、720p対応Webカメラ、2W×2JBLスピーカー+3Wサブウーファ、音声入出力などを備える。

 バッテリは6セルリチウムポリマーで、駆動時間は最大5時間。本体サイズは425.4×315.2×35.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.6kg以下。

ideacentre Y900 RE

ideacentre Y900 RE

 ideacentre Y900 REはRazerと共同開発したタワー型デスクトップPC。米国での最小構成価格は2,299ドルからで、2016年6月発売予定。

 ゲーミングデバイスを開発/製造するRazerとのパートナーシップのもと開発が進められ、フルカラーLEDライティングシステム「Chroma」準拠の“Y”ロゴ、前面パネル/バックファンLEDを搭載。また、ゲーミングキーボード「BlackWidow Chroma Mechanical Keyboard」とゲーミングマウス「BlackMamba Chroma Mouse」を添付する。

 最大構成は、CPUに第6世代Core i7“K”シリーズ、メモリ32GB(SO-DIMM×4)、256GB SSD+2TB HDD、ビデオカードにGeForce GTX 970(4GB)×2、OSにWindows 10 Homeなどを搭載する。

 インターフェイスは、SDカード/メモリースティックPRO対応カードリーダ、USB 3.0×8、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、DVI出力、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、PS/2、音声入出力などを備える。

 本体サイズは不明だが、容積は49L、重量は15kgとされている。

Y27g Curved Gaming Monitor

Y27g RE Curved Gaming Monitor

 「Y27g Curved Gaming Monitor」および「Y27g RE(Razer Edition) Curved Gaming Monitor」はいずれもNVIDIA G-SYNCをサポートする27型の湾曲ディスプレイ。米国での価格は549.99ドルおよび599.99ドルで、2016年6月発売予定。

 いずれもR1800の27型湾曲ディスプレイとなっており、VAパネルの採用により上下/左右ともに178度の広視野角を確保。NVIDIAのG-SYNCに準拠し、ティアリングやディスプレイシャッター、入力ラグを抑えながら、144Hzのリフレッシュレートを実現する。

 加えて、Y27g Razer Edition Curved Gaming MonitorはRazerのChromaに準拠し、背面に備え付けられたLEDを約1,670色の中から選べるようになっている。

 主な仕様は、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)、表示色数が約1,670万色、応答速度が8ms、コントラスト比が3,000:1、輝度が300cd/平方m、視野角が上下/左右ともに178度。バックライトはホワイトLED、表面はアンチグレアタイプ。

 インターフェイスは、HDMI 1.4およびDisplayPort 1.2。ディスプレイ部のサイズは625×92.7×375mm(同)で、スタンドのフットプリントエリアは474×224mm(幅×奥行き)となる。重量は8.5kg。スタンドは-5〜30度のチルト、左右25度ずつのスイベル、上下110mmの昇降に対応する。

 そのほか、“Y”シリーズのオプションとして、バックパックやマウス、ヘッドセットなどが新たに発表された。

通常版は背面が光らないが……
RE版は背面にChromaライティングシステムを備える
Y Gaming Armored Backpack
Y Gaming Optical Mouse
Y Gaming Stereo Headset

(劉 尭)