ニュース

LG、世界初の単体でLTE接続可能なスマートウォッチを発売

〜スマートフォン無しでも通知や着信が確認可能

「LG Watch Urbane 2nd Edition」

 LGは12日(現地時間)、Android Wear搭載のスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を、米国および韓国にて発売を開始した。ヨーロッパやアジアでも数カ月以内での発売を予定している。

 LG Watch Urbane 2nd Editionは、ステンレス製の文字盤直径45.5mm/厚み14.2mmの筐体に、円形の1.38型480×480ドット(348ppi)P-OLED(ポリマー有機EL)ディスプレイを搭載したスマートウォッチ。世界初となるスマートウォッチ単体でのLTE/3G回線網への接続に対応。

 単体での携帯通信網に接続できることで、スマートフォン本体とのBluetoothやWi-Fiによる接続が切断された場合でも、本体に届いたメッセージの受信や電話の通話が可能となっている。

 そのほかの主な仕様は、CPUにSnapdragon 400(1.2GHz)、メモリ768MB、4GB eMMCを搭載。

 センサーにはジャイロ/加速度/方角の9軸センサー、気圧計、心拍検出センサーなどを搭載。バッテリ容量は570mAh。IP67準拠の防塵/防水性能を備える。

 価格は明らかにされていないが、米国では通信業者のAT&Tのページにて、2年間の回線契約込みで199.99ドルにて販売されている。

背面
カラーバリエーションは4色
LG Watch Urbane 2nd edition

(佐藤 岳大)