ニュース

アイ・オー、三菱の系譜を継ぐGigaCrysta液晶の新モデル

〜スルーモードの表示遅延は0.05フレーム

ギガクリア・エンジンIIを搭載した23.8型の「LCD-RDT242XPB」は、狭額縁もウリとしている

 株式会社アイ・オー・データ機器は超解像技術「ギガクリア・エンジンII」を搭載したGigaCrystaシリーズの23.8型および27型のフルHD液晶ディスプレイを11月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は23.8型の「LCD-RDT242XPB」が44,800円、27型の「LCD-RDT272XPB」が59,800円の見込み。

 ギガクリア・エンジンIIが過去にディスプレイを生産していた三菱電機製ディスプレイに搭載されていたのはよく知られているところ。前モデルと変わらずに同機能に対応しており、表示する映像に適した高画質化を図るのが特徴で、低解像度映像のぼやけ補正、肌色検出、ブロックノイズ低減、白飛び/黒つぶれや画面全体のコントラスト調整、階調/発色補正を自動的に行なう。

 液晶のパネルはAH-IPS方式で上下左右の視野角178度を実現した。オーバードライブ有効時の中間色の応答速度は3.2msとIPS方式の中では高速な部類で、これに加えて前モデルから搭載されている「スルーモード」時の画面処理の内部遅延を0.1フレームから0.05フレームへと改良し、さらに低遅延化させた。

 そのほかの新機能としては、主にゲームで活躍する暗部の視認性向上機能「Night Clear Vision」モードが追加され、暗所に隠れたキャラクタなどの発見が容易になった。LEDバックライトのチラツキをなくす「フリッカーレス設計」も備え、眼への負担も軽減されている。

27型の「LCD-RDT272XPB」

 基本的な仕様は両製品とも共通で、解像度がフルHD(1,920×1,080ドット)、表示色数は1,677万色、中間色の応答速度が14ms(オーバードライブ時3.2ms)、輝度250cd/平方m、コントラスト比1,000:1、視野角は上下/左右178度。

 インターフェイスも共通になっており、HDMI入力×4(1基はMHL対応)、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、ステレオミニジャック、2.5W+2.5Wのステレオスピーカーを備える。

 本体サイズ/重量は、LCD-RDT242XPBが540×170×361〜391mm(幅×奥行き×高さ)/4.4kg、LCD-RDT272XPBは643×230×445mm/6.8kg。LCD-RDT242XPBのみ高さを3段階で調整可能。

【11月5日訂正】初出時に「スルーモード」を初搭載としておりましたが、前モデルにも搭載されており、内部遅延が0.1フレームから0.05フレームに改良されたという内容に修正いたしました。お詫びして訂正させていただきます。

 事前に製品の展示会が開かれ、実機を撮影する機会を得たので、その時の写真を以下にまとめて掲載する。

LCD-RDT242XPBはフレームとパネルの間隔が約6.4mmと短いため、マルチディスプレイ時の違和感を軽減できる
ディスプレイ上部に「GigaCrysta」のロゴ。パネルの厚みは17.8mmと薄い
ディスプレイ背面側
スタンドの形状はLCD-RDT242XPBとLCD-RDT272XPBで少し異なる。写真は前者のもの
LCD-RDT272XPBの側面。LCD-RDT242XPBと違い、厚みは35mmほどある
ディスプレイの前面にタッチ式の映像切換え/設定用のインターフェイスを用意。タッチすると文字が浮かび上がる
リモコンが付属しており、入力の切換えなどのほか、映像のモードなども簡単に設定可能
側面にHDMI出力ポートを4基も備えている。1基はMHL対応だ
DVIとミニD-Sub15ピンは背面の下部に実装。前モデルにあったD端子はなくなっている
映像モードメニューのゲーム用設定画面
サイズの調整画面
色温度設定画面
音声設定画面
本製品はPinP(ピクチャインピクチャ)に対応しており、表示位置や大きさを設定できる
OSDの表示位置などを変えられるそのほかの設定画面
情報表示画面
暗部の視認性を上げる「Night Clear Vision」モードの設定画面
LCD-RDT272XPB側のNight Clear Visionモードの設定画面。LCD-RDT242XPBと構成は同じ

(中村 真司)