ニュース

日本エイサー、ハイエンドWindows 10スマホを国内投入

〜上位の「Jade Primo」はSnapdragon 808/メモリ3GB/ストレージ32GB仕様

Jade Primo

 日本エイサー株式会社は21日、都内で「Liquid Z530」に関する記者発表会を開催した。発表会はLiquid Z530の機能説明を中心としたものであったが、SIMロックフリースマートフォンを日本国内で投入するに当たり、戦略や今後のロードマップについても語られた。

 この中で、同社 代表取締役社長のボブ・セン氏、およびAcer本社から来日したスマートプロダクト ビジネスグループプレジデントのS.T. Liew氏の2人は、日本国内においてWindows 10 Mobileを搭載したSIMロックフリースマートフォンの投入に前向きな姿勢を示した。

ボブ・セン氏
Jade Primoを手にするS.T. Liew氏

 「Windows 10 Mobileを搭載したJade Primoを近いうちに出荷するが、日本市場もターゲットにしている。日本は成熟市場ではあるものの、SIMロックフリーのスマートフォンを投入するには良いタイミングであると判断している」(Liew氏)、「Androidデバイスはもちろん、Windows 10 Mobileも開発表明している。これらのデバイスで日本に本格参入し、市場の変革や盛り上げに一役買いたい」(セン氏)と語った。

 発表会ではLiew氏がこの「Jade Primo」を実際手にしてアピールし、発表会終了後の会場では、Jade Primoを利用した無線LAN接続(Miracast)を利用したContinuumデモを行なった。これにより、Jade Primoにケーブルなどで接続せずとも、デバイス側ではタイルUIを出したまま、無線マウス/キーボードおよび液晶で、デスクトップのUIを操作できる。

 先日、日本マイクロソフトが開催したWindowsスマートフォンのパートナーシップに関する記者説明会で、日本エイサーは「Liquid M330」というエントリー向けモデルを展示していたが、今回の発表会でLiew氏が見せたJade Primoはハイエンドという位置付けとなる。

 IFA 2015での発表の通り、SoCにはSnapdragon 808を搭載。今回Liew氏の説明で、メモリは3GB、ストレージは32GBという情報が明らかとなった。画面解像度は不明だが、5.5型のAMOLEDを採用している。カメラも2,000万画素を誇る。なお発売時期については、「MicrosoftがWindows 10 Mobileを正式にリリースしない限り弊社も決定できない」とした。

発表会で展示されたJade Primo
無線(Miracast)を利用したContinuumのデモ
有線でもContinuumは可能だが、この日はうまく動作しなかった。なお、インターフェイスはUSB Type-Cで、充電が可能なほか、Type-Cから直接ディスプレイに出力できるのも特徴
本体背面は丸みを帯びており、ヘアライン加工されている。カメラは2,000万画素

【19時12分訂正】記事初出時、Intel WiDiによる無線接続としておりましたが、正しくはMiracastです。お詫びして訂正します。

(劉 尭)