ニュース

HP、世界初の34型曲面ディスプレイを搭載した一体型PC

 米HPは7日(スペイン時間)、個人向けPCラインナップを一新した。本記事ではデスクトップおよびゲーミングノートPCについて取り上げる。

曲面ディスプレイを備えた一体型PC「HP ENVY Curved All-in-One」

HP ENVY Curved All-in-One

 「HP ENVY Curved All-in-One」は世界初にして最大の34型曲面ディスプレイを備えた一体型PC。米国では11月8日発売で、価格は1,799.99ドルから。

 2,000Rのカーブと21:9のアスペクト比を持つ、3,440×1,440ドット(WQHD)の34型液晶ディスプレイを搭載。ディスプレイの角度は0〜25度のチルトが可能。6基のスピーカーを内蔵し、Bang & Olufsenのサウンド技術を搭載するなど、エンターテイメント色を強めた。

 プロセッサは第6世代Coreで、メモリは最大16GB搭載可能。また、GPUとしてNVIDIA未発表のGeForce 960Aを搭載。ストレージは最大2TBのHDDで、最大128GBのSSDや1TBのSSHDをオプションで選択できる。加えて、Intel RealSense 3Dカメラを内蔵する。OSはWindows 10。そのほかの詳細は公開されていない。

4K液晶も選べる「HP ENVY All-in-One」

HP ENVY All-in-One

 「HP ENVY All-in-One」は23.8型または27型の液晶を備えた一体型PC。米国では11月1日発売で、価格は23.8型が999.99ドルから、27型が1,199.99ドルから。

 両モデルともに1,920×1,080ドット(フルHD)液晶に加え、3,840×1,600ドットの4K液晶も選択可能。ディスプレイは-5〜35度のチルト調節が可能。HDMI入力端子を備えており、ゲーム機のディスプレイとして使えるほか、HDMI出力を備えており、セカンドディスプレイを繋げられる。4基のスピーカーを内蔵する。、

 プロセッサは第6世代Coreで、メモリは最大16GB搭載可能。ディスクリートGPUもオプションでRadeon R7またはR9を搭載可能。ストレージの選択肢などはCurved All-in-Oneと共通。カメラはHD対応。そのほかの詳細は公開されていない。

約900ドルのゲーミングノート「HP Pavilion Gaming notebook」

HP Pavilion Gaming notebook

 「HP Pavilion Gaming notebook」はその名の通り、15.6型液晶を備えたゲーミングノート。米国では11月8日発売で、価格は899.99ドルから。

 CPUに第6世代のCore i5/i7、GPUにGeForce GTX 950Mを搭載しながら、価格を抑えたゲーミングノート。厚さは28.8mm、重量は約2.48kg。液晶は1,366×768ドット(HD)またはフルHDのIPSで、HD液晶搭載時は最長8.15時間のバッテリ駆動が可能としている。

 緑に光るキーボードバックライトを搭載しており、パームレストもグラデーション加工されている。オプションでRealSenseカメラを搭載可能で、RealSenseを利用するゲームに対応する。スピーカーは2基で、B&O Play技術を搭載する。

 最大16GBのメモリを搭載可能。ストレージは2TBのHDD/1TBのSSHD、または2TB HDD+128GB SSDのデュアルストレージ構成が可能。光学ドライブも内蔵する。OSはWindows 10。

 インターフェイスはSDカードスロット、USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI出力、Gigabit Ethernetなどを搭載する。

32型のQHD/AMD FreeSync対応ディスプレイも

HP ENVY 32 Media Display

 このほか、QHD表示およびAMDのFreeSync技術に対応した32型ワイド液晶ディスプレイ「HP ENVY 32 Media Display」も米国で10月18日に発売する。価格は499.99ドル。

 sRGB比100%の色再現性を実現するほか、上下/左右ともに178度の視野角を持つ。AMDの視野角FreeSync技術をサポートし、ゲームに好適としている。スピーカーを内蔵し、Bang & Olufsenブランドのオーディオ技術も備える。

 インターフェイスはDisplayPort、MHL対応HDMI、HDMI 2.0の3系統。各種設定が可能なリモコンが付属。VESAマウントにも対応する。

(劉 尭)