ニュース

iPhone 6s/6s Plusが発売、アップルストア表参道に列をなす

〜事前予約の導入で昨年のような混乱はなし

東京・表参道のアップルストア表参道

 アップルのiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusが、9月25日午前8時から発売となった。

 東京・表参道のアップルストア表参道では、午前8時までに、約40人が列を作り、発売を待った。購入には、事前予約が必要であり、今回、並んだ人たちは、全て事前に予約をした人たちだけだった。

 約1年前のiPhone 6の発売時には、SIMロックフリー版を求める中国人観光客などが多数並び、隣駅の地下鉄外苑前駅に達するほどの列ができたが、今回は全て事前予約制としていたこと、中国でも同日発売になったこと、さらには朝からの雨の影響もあり、列は短いものとなった。発売直後には、並んだ全ての人が店内に入ることができた。

 また、アップルストアのほか、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクおよび一部のアップル製品取扱店でも、同時刻から発売された。

 新たに発売となったiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusは、3D Touch機能を追加。ディスプレイを深く押す力の感知により、基本操作を素早く、簡単に実行できるのが特徴。さらに、新たな写真撮影機能であるLive Photos機能も搭載している。そして、第3世代64bitチップであるA9チップを搭載。従来のA8チップと比較して、CPU性能で70%、GPU性能で90%向上した。

 そのほか、1,200万画素のiSightカメラ、500万画素のFaceTime HDカメラ、Retina HDディスプレイを採用。本体には、航空宇宙産業で用いられるのと同じ合金である7000シリーズアルミニウムを使用。本体カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイに加えて、新色として、ローズゴールドを用意した。

 新色のローズゴールドのiPhone 6s Plus SIMロックフリー版を購入した青木宏之さんは、午前7時40分頃に、アップルストア表参道に到着。「予約は、予約開始直後に行なった。製品発表会のビデオを見ていたら、ローズゴールドを色黒の人が使っていて似合っているなと思い、私も色黒であることから選んでみた。Webで見た時はもう少し派手かなと思ったが、落ち着いた色。3D Touchの機能を試してみたい。iOS対応アプリ開発の講師をやっており、検証機としても利用したい」などとした。

 また、iPhone 6s SIMロックフリー版のシルバーを購入した橋口翔さんは、「iPhoneは毎年買い換えている。新たなiPhoneを手に入れることができてうれしい。今回のiPhoneは、動画機能と3D Touch機能を魅力に感じている。午前8時のオープンに合わせてアップルストア表参道に到着したが、すぐに店内に入ることができた。昨年(2014年)もアップルストア表参道に並んだが、前日夜から並んで、手に入れることができたのが当日のお昼頃。それに比べると予約制であれば、5分ぐらいで入手できたのでこちらの方がいい。仕事に行く前に手に入れることができた」と語った。

午前7時30分頃には、約10人が並んでいた
発売3分前にはスタッフが円陣を組んで気合を入れる
発売直前には、スタッフ全員で店頭を盛り上げた
カウントダウンで販売を開始したアップルストア表参道
1人目のお客さんが店員とハイタッチをしながら入店した
アップルストア表参道に展示されたiPhone 6sおよびiPhone 6s Plus
展示の様子
右がiPhone 6s、左がiPhone 6s Plus
iPhone 6s Plus
新色としてローズゴールドが追加された
iPhone 6s Plusを購入した青木宏之さん
iPhone 6sを購入した橋口翔さん

(大河原 克行)