ニュース

3D Touch対応のiPhone 6s/6s Plusは日本でも9月25日発売

iPhone 6sと6s Plus

 米Appleは、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」を日本を含む各国にて9月12日より予約、25日より発売する。税別価格は前者が86,800円より、後者が98,800円より。

 筐体デザインはiPhone 6/6 Plusを踏襲しつつ、内部の仕様を刷新。SoCはA9となり、前世代のA8からCPU演算性能は70%、GPU性能は90%向上。背面カメラも800万画素から1,200万画素へと高画素化。併せてディープトレンチアイソレーションにより、フォトダイオード間を分離し、光のクロストークを解消することで、高画質化を図った。また、4K動画の録画にも対応する。6s Plusは動画の光学式手ぶれ補正機能も備える。前面カメラは500万画素で、液晶をフラッシュとして使えるモードを備えた。

 新機能の1つが、「3D Touch」と呼ばれる画面の感圧機能。これまでのタップや長押しに加え、画面を押す圧力によって、さまざまなアクションを行なえるようになった。アプリによって機能はさまざまだが、メールの場合、件名一覧で任意のメールを強く押すと、本文をプレビューし、離すと一覧に戻る。さらに押し込むと、編集モードとなる。チャットなどで、日時が表示されている場所を強く押すとその日の予定ウインドウが、地図アプリで任意の場所を押し込むとお店の開店時間などがウインドウ表示されるといった具合。

 また、写真についても「ライブフォト」と呼ばれる機能が追加。この機能はデフォルトでオンとなっており、静止画を撮影しても、1.5秒程度の動画も保存され、写真を強く押すことで再生される。ライブフォトの機能は他のiOS/OS X端末でも利用可能なほか、今後Facebookにも機能が追加されるという。

 このほかの仕様として、液晶は6sが4.7型1,334×750ドット、6s Plusが5.5型1,920×1,080ドット。ストレージはそれぞれ16/64/128GBが用意。無線は、全バンドのLTE Advanced、866MbpsのWi-Fi、Bluetooth 4.2、NFCに対応。

 本体サイズと重量は6sが67.1×138.3×7.1mm(幅×奥行き×高さ)/143g、6s Plusが77.9×158.2×7.3mm(同)/192gと、本体サイズは前世代とほぼ同じだが、重量は14〜20gほど重くなっている。本体色は、シルバー、ゴールド、シルバーグレイにローズゴールドを加えた4色展開。OSはiOS 9。

 6sの税別価格は16GBが86,800円、64GBが98,800円、128GBが110,800円、6s Plusは順に98,800円、110,800円、122,800円。

 純正オプションとして各種ケースのほか、本体を立てられるLightning Dockが用意される。

4色展開

(若杉 紀彦)