ニュース

リンクス、3Dプリンタ製ドクロ型ケースの小型PC「LIVA BORNE」

〜DMM.makeとコラボ、ケースの単体発売や3Dデータの無償公開も

「LIVA BORNE」

 株式会社リンクスインターナショナルは、手のひらサイズのドクロ型PCケース「LIVA BORNE」を発売した。

 LIVA BORNEは、ECSの小型PC「LIVA」専用の3Dプリンタ製ドクロ型ケース。DMM.makeとLIVAのコラボレーション製品で、LIVAの基板を組み込めるように設計されており、「3Dプリンタで造形したPCケースの量産販売体制を世界で初めて構築」したとしている。

 「LIVA BORNEケース」単体とオプションの「LIVA BORNE悪魔のスタンド」、30台限定で「LIVA-C0-2G-64G-W-OS」組み込み済みのLIVA BORNE一式が販売される。価格はそれぞれ9,980円、3,500円、31,380円。

 LIVA BORNE一式に組み込まれたLIVA-C0-2G-64G-W-OSの仕様については過去記事を参照されたい。

 販売はDMM.makeクリエイターズマーケットおよび、Amazon.co.jpで行なわれる。なお、3Dデータは特設サイト無料公開されており、3Dプリンタなどでの出力や、データの改造なども可能。

内部構造
「LIVA BORNE悪魔のスタンド」と組み合わせたイメージ
使用イメージ
Amazon.co.jpで購入

(佐藤 岳大)