ニュース

SanDisk、最大容量6.4TBのPCIe x8接続SSD

〜リード最大転送速度2.8GB/sec

「Fusion ioMemory SX350」

 米SanDiskは4月27日(現地時間)、データセンター向けPCI Express接続SSD「Fusion ioMemory」シリーズの新モデルを発表した。

 Fusion ioMemoryシリーズは、仮想化やデータベース、リアルタイム金融データ処理や、3Dアニメーションなど混合使用のワークロード向けに設計された高速SSD。新世代Fusion ioMemoryは、SanDisk製NANDフラッシュの搭載、新たなVirtual Storage Layer(VSL)データアクセスアクセラレーションソフトにより、前世代モデルの「ioDrive2」シリーズと比較して4Kランダムリード性能が2倍に向上し、価格が最大61%引き下げられたことで価格性能比では4倍に向上したという。

 今回リリースされるのは「SX350/SX300」シリーズ、「PX600」シリーズ。共にPCI Express 2.0 x8接続となるが、うちSX300、PX600シリーズはブレードサーバー向けのメザニンカードとしても供給される。容量はSX350/SX300シリーズは1.25TBから6.4TB、PX600シリーズは1TBから5.2TBまでラインナップされる。

 そのほかの主な仕様はモデルによって異なるが、最大転送速度がリード2.8GB/sec、ライト2.2GB/secで、リード/ライトレイテンシは79μs/15μs。4Kランダム性能はリード最大350,000IOPS、ライト最大385,000IOPSとなっている。

 対応OSはWindows Server 2008 R2 SP1/2012/2012 R2、各種Linux/UNI、及びVMware/Hyper-V/Oracle VMなどのハイパーバイザー。

SX350シリーズ

SX350-1300 SX350-1600 SX350-3200 SX350-6400
容量 1.3TB 1.6TB 3.2TB 6.4TB
リード転送速度 2.8GB/sec
ライト転送速度 1.3GB/sec 1.7GB/sec 2.2GB/sec
4Kランダムリード(IOPS) 225,000 270,000 350,000 340,000
4Kランダムライト(IOPS) 345,000 375,000 385,000
リードレイテンシ 79μs
ライトレイテンシ 15μs
接続インターフェイス PCI Express 2.0 x8
総書き込み保証値 4PBW 5.5PBW 11PBW 22PBW
SX300シリーズ

SX300-1300 SX300-1600 SX300-3200 SX300-6400
容量 1.3TB 1.6TB 3.2TB 6.4TB
リード転送速度 2.7GB/sec
ライト転送速度 1.5GB/sec 1.7GB/sec 2.2GB/sec 2.1GB/sec
4Kランダムリード(IOPS) 196,000 235,000 350,000 285,000
4Kランダムライト(IOPS) 330,000 375,000 385,000
リードレイテンシ 92μs
ライトレイテンシ 15μs
接続インターフェイス PCI Express 2.0 x8
総書き込み保証値 4PBW 5.5PBW 11PBW 22PBW
PX600シリーズ

PX300-1000 PX300-1300 PX300-2600 PX300-5200
容量 1TB 1.3TB 2.6TB 5.2TB
リード転送速度 2.7GB/sec
ライト転送速度 1.5GB/sec 1.7GB/sec 2.2GB/sec 2.1GB/sec
4Kランダムリード(IOPS) 196,000 235,000 350,000 285,000
4Kランダムライト(IOPS) 330,000 375,000 385,000
リードレイテンシ 92μs
ライトレイテンシ 15μs
接続インターフェイス PCI Express 2.0 x8
総書き込み保証値 12PBW 16PBW 32PBW 64PBW

(佐藤 岳大)