ニュース

ROCCAT、リフトオフ高度を調整できる光学式ゲーミングマウス「Kone XTD Optical」

 独ROCCATは3日、最大解像度6,400dpiのゲーミング向け光学式マウス「Kone XTD Optical」を発表した。価格は11,980円。

 発売済みのレーザーマウス「Kone XTD」の読み取りセンサーを光学式センサーに置き換えたモデル。マウスを持ち上げた際に読み取りを無効にする高さ(リフトオフディスタンス)の手動調整が可能な「ADCU」(Adjustable Distance Control Unit)を搭載する。

 解像度は50〜6,400dpiの範囲で調整できるほか、サイドボタンやホイールにマクロなどを割り当てられる「Easy-Shift[+]」や、内蔵LEDの発光色変更機能などを備える。マクロや設定の保存用として、マウス本体に576KBの内蔵メモリを設けた。

 ポーリングレートは125/250/500/1,000Hzの4段階で変更可能。トラッキング速度は200ips、最大加速度は50G、応答速度は1ms、フレームレートは12,500fps。インターフェイスはUSB 2.0。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1。本体サイズは78×135×40mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約120g(ケーブル含まず)。重量調整用に、5gの錘が4つ付属する。

(関根 慎一)