ニュース

HGST、ヘリウムガス充填のHDDが累計100万台出荷

〜MTBFを250万時間に

Ultrastar Heシリーズ

 HGSTは24日、ヘリウムガスを充填したHDDの出荷が累計100万台に達したと発表した。

 ヘリウムガス封入技術「HelioSealプラットフォーム」は2013年に発表して以来、多数の企業に採用された。HDDの動作温度および消費電力を低減しつつ、信頼性および記憶容量の向上を実現している。現在、容量6TBの「Ultrastar He6」と、容量8TBの「Ultrastar He8」の2モデルが出荷されている。

 今回、累計100万台出荷とともに、両モデルのMTBF(Mean Time Between Failure:平均故障間隔)を従来の200万時間から250万時間に延長すると発表。HelioSealの密閉構造により、空気や湿気、そのほかの異物の侵入がないため、ほかのHDDと比較して高い信頼性を実現したためだとしている。

 今後はHelioSeal技術採用HDDの大容量化をさらに推し進め、2017年にはエンタープライズ向けHDDの約50%がヘリウムドライブになると予測している。

(劉 尭)