ニュース

WD、データセンター向け大容量省電力HDDとして「WD Re+」を投入

〜6TBの容量で消費電力6W

「WD Re+」

 米WDは10日(現地時間)、24時間365日稼働するデータセンター向け3.5インチHDDの省電力モデルとなる「WD Re+」シリーズを発表した。

 同社のデータセンター向け製品としては、「Re」や「Se」といったシリーズがすでにあるが、Re+は大容量と省電力を兼ね備えたモデルという位置付け。容量は5TBと6TBがあり、稼働時の消費電力は、Reの9〜10W前後に対して、6W前後に抑えられている。なお、Reとの比較では低めではあるが、NAS向けであるWD Redシリーズは5W程度となっている。

 データセンター向けと言うことで、「RAFF」技術による振動からの保護機能、モーターシャフトを両端で固定して振動を低減させプラッタを安定させる「StableTrac」、多軸衝撃センサーなどを搭載する。

 インターフェイスはSATA 6Gbps、実行転送速度は175MB/sec、バッファサイズは128MB、回転数は5,760rpm、プラッタ数は5枚、平均故障間隔(MTBF)は120万時間。

(若杉 紀彦)