ニュース

デル、Android 5.0でAtom搭載の10型タブレット「Venue 10」

〜SIMロックフリーLTE付きでも5万円切り

Venue 10

 デル株式会社は、Android 5.0を搭載した10.1型タブレット「Venue 10」を4月下旬に発売する。2月27日よりAmazon.co.jpおよびヨドバシカメラで先行予約販売を行なう。

 同日に発表されたWindows搭載の「Venue 10 Pro」の姉妹モデルで、同じIntelのAtom Z3735F(1.33GHz、ビデオ機能内蔵)を採用しながら、OSにAndroid 5.0を搭載する。AtomのAndroid 5.0機は珍しい。

 ラインナップは2モデル。「WiFiモデル」の主な仕様は、CPUにAtom Z3735F(1.33GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、ストレージ32GB eMMC、1,920×1,080ドット表示対応10.1型ワイド液晶ディスプレイなどを搭載し、送料込み/税別価格は36,980円。

 「LTE SIMフリーモデル」は、Intel 7160 LTEモジュールを追加し、同価格は45,980円。LTEの対応バンドは1〜5/7/8/13/17/18/19/20。

 インターフェイスは共通で、USB 2.0、Micro HDMI出力、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、NFCなどを搭載。LTE SIMフリーモデルではGPSもサポートする。

 バッテリは容量32Whのリチウムイオン。重量は656.9gから。

Venue 10実機
Venue 10 Proと同様、microSDカードスロットとSIMカードスロットを右側面に装備。ただし、Venue 10 Proがこちら側に装備しているWindowsボタンはない
SIMカードスロットを開いたところ
左側面もほぼ同等
Venue 10 Proと同じ、キーボードドック接続端子が付いているものの、Venue 10 Proのキーボードとは配列が異なるため取り付けに対応せず、キーボードも付属しない

(劉 尭)