ニュース

Crucial、高耐久320TBWのハイエンドSSD「MX200」

〜1TBで5万円を切るモデルも

 マイクロンジャパン株式会社は、CrucialブランドのSSD「MX200」および「BX100」を1月下旬より順次発売する。

MX200
BX100

 フォームファクタは両機種とも2.5インチ。MX200ではmSATA、M.2もラインナップ。容量はいずれも1TB、500GB、250GB。BX100のみ120GBも用意する。出荷時期は、2.5インチが1月下旬、mSATAとM.2が2月以降。

 税別店頭予想価格は、MX200の1TBが57,000円、500GBが30,000円、250GBが17,000円前後、BX100の1TBが48,000円、500GBが24,000円、250GBが13,500円、120GBが8,500円前後の見込み。

 MX200は、現行の最上位機種「M550」の後継機種に当たる。最大シーケンシャルリード速度は555MB/sec、同ライト速度は500MB/sec。ランダムリードは10万IOPS、ランダムライトは87,000IOPS。耐久性も強化し、本モデルでは従来機の72TBWに対して320TBWに向上した。

 機能面では、ファイルの保存や転送を高速化する技術「ダイナミック書込アクセラレーション」を搭載する。コンシューマ向けドライブ市場では唯一としている。このほか、AES 256bit暗号化、適応型サーマルプロテクション、パワーロス防止機能などを備える。

MX200 M.2(180mm)
MX200 M.2(160mm)
MX200 mSATA

 BX100は、現行の中位モデル「MX100」と同クラスの兄弟機。最大シーケンシャルリード速度は535MB/sec、同ライト速度は185〜450MB/sec。ランダムリードは87,000〜90,000IOPS、ランダムライトは47,000〜70,000IOPS。コントローラにはCrucialブランドの製品として初めてSilicon Motion製の「SM2246EN」を搭載することで、消費電力効率の向上を図っている。

型番 MX200 BX100
容量 250GB 500GB 1TB 120GB 250GB 500GB 1TB
シーケンシャルリード 555MB/sec 535MB/sec
シーケンシャルライト 500MB/sec 185MB/sec 370MB/sec 450MB/sec
ランダムリード 100,000IOPS 87,000IOPS 90,000IOPS
ランダムライト 87,000IOPS 43,000IOPS 70,000IOPS
メモリ 16nm MLC NAND 16nm MLC NAND
コントローラ Marvell 88SS9189 Silicon Motion SM2246EN
耐久性 80TBW 160TBW 320TBW 72TBW
タイプ mSATA、M.2あり 2.5インチのみ 2.5インチのみ

(関根 慎一)