ニュース

マウス、重量40gのスティック型Windows PC

〜スマホより小さいフルPC

「m-Stick MS-NH1」

 株式会社マウスコンピューターは、スティック型Windows PC「m-Stick MS-NH1」を12月5日より発売する。価格は19,800円。

 本体サイズが100×38×9.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量が約44gとスマートフォンよりも小さなPC。同様のサイズ感のAndroid端末はすでに市場に出回っているが、Windows PCとしてはこれが日本初と思われる。別途キーボード、マウス、および電源が必要となるが、基本的に液晶ディスプレイやTVのHDMIに差し込むだけのスタイルで利用できる。電源はMicro USBケーブルから給電。駆動には5V/2Aが必要で、USB ACアダプタが付属するが、液晶ディスプレイ/TVのUSB 3.0 Hubからの給電でも概ね動作する。

 主な仕様は、Atom Z3735F(1.33GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、ストレージ32GB、Windows 8.1 with Bingとなっており、Officeなども問題なく利用できる8型タブレットなどと同等。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、USB 2.0、Micro USB(給電専用)、HDMI出力を装備する。

 なお、詳細については、別途インタビュー記事を用意してあるので、そちらを参照されたい。

利用イメージ(microSDカード、ディスプレイは別売り)

(若杉 紀彦)