ニュース

マウス、4K IGZOとフルHDの2モデルを用意する15.6型ハイエンドノート

〜Windows 8.1 Proモデルも

 株式会社マウスコンピューターは14日、GeForce GTX 970M(3GB)を搭載する15.6型ノートPC「m-Book P」シリーズを発売した。

 4K(3,840×2,160ドット表示対応光沢IGZOディスプレイを搭載する「MB-P930」シリーズと、フルHD(1,920×1,080ドット)表示対応非光沢液晶を搭載する「MB-P920」シリーズの2モデルで展開。ディスプレイ以外の仕様は共通で、4K IGZOモデルが3万円高となる。

 構成とモデル名(括弧内は税別価格)は、メモリ8GB、HDD 500GB、Windows 8.1 Update(64bit)を搭載する「MB-P930B」(169,800円)、「MB-P920B」(139,800円)。

 メモリ16GB、SSD 128GB+HDD 500GB、Windows 8.1 Update(64bit)を搭載する「MB-P930S-SH」(189,800円)、「MB-P920S-SH」(159,800円)。

 メモリ16GB、WD Black2(SSD 120GB+HDD 1TB)、Windows 8.1 Update(64bit)を搭載する「MB-P930S-BK2」(189,800円)、「MB-P920S-BK2」(159,800円)。

 メモリ16GB、M.2 SSD 256GB+HDD 1TB、Windows 8.1 Update(64bit)を搭載する「MB-P930X-SH」(209,800円)、「MB-P920X-SH」(179,800円)。

 メモリ32GB、M.2 SSD 256GB+HDD 2TB、Windows 8.1 Pro Update(64bit)を搭載する「MB-P930X2-SH」(229,800円)、「MB-P920X2-SH」(199,800円)。

 共通で、Core i7-4710HQ(2.5GHz)、GeForce GTX 970M(3GB)、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、Gigabit Ethernet、SDカードスロット、200万画素Webカメラ、USB 3.0×4(うち1ポートはeSATA兼用)、Mini DisplayPort×2、HDMI出力、音声入出力を備える。

 バッテリ駆動時間は4K IGZOモデルが約4.1時間、フルHDモデルが約5.4時間。

 本体サイズは約385×275×27mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.5kg。

(多和田 新也)