ニュース

パナソニック、ノートPCのバッテリ約16万5千個を追加リコール

〜5月発表分と合わせ20万強のバッテリが対象に

 パナソニックは13日、5月28日より実施しているノートPC用バッテリパックのリコール対象を、2011年4月〜2013年11月にかけて製造したノートPCへ拡大。これにより、新たに164,736個のバッテリパックが回収/交換の対象となる。

 5月28日時点では、2011年4月〜10月に製造した「Let'snote S10」、「Let'snote N10」に搭載された43,140個(2011年4月〜7月に製造)のバッテリパックをリコールの対象としていた。

 その後、対象外のバッテリパックからの発火/焼損事故が4件発生しており、原因は調査中ながら、事故を未然に防ぐためにリコール対象の範囲を拡大して回収/交換を実施することにした。

 対象となるPCは上記2シリーズのほか、「Let'snote SX」シリーズ、「Let'snote NX」シリーズ、「TOUGHBOOK CF-H2」シリーズの、2011年4月〜2013年11月にかけて製造されたモデル。対象バッテリパックは2011年7月から2012年9月にかけて製造された下記型番のものとなる。対象ロットの確認方法などは同社Webサイトを参照されたい。

  • CF-VZSU60AJS
  • CF-VZSU61AJS
  • CF-VZSU64AJS
  • CF-VZSU75JS
  • CF-VZSU76JS
  • CF-VZSU78JS
  • CF-VZSU79JS
  • CF-VZSU53AJS
「Let'snote SX」シリーズ
「Let'snote NX」シリーズ
「TOUGHBOOK CF-H2」シリーズ

(多和田 新也)