ニュース

東芝、IPS液晶を採用した「REGZA PC」秋冬モデルなど

 株式会社東芝は14日、TVチューナ搭載液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」シリーズおよび、液晶一体型PC「dynabook D」シリーズの2014年秋冬モデルを発表。10月24日より順次発売する。価格は全てオープンプライス。

REGZA PCシリーズ

 TVチューナ搭載の「dynabook REGZA PC D81」、「dynabook REGZA PC D71」、「dynabook REGZA PC D51」はいずれもアップデート。全機種がIPS液晶へ変更され、Office Premiumを採用する。店頭予想価格は順に24万円台後半、22万円台前半、16万円台前半の見込み。

 REGZA PC D81は、Core i7-4710MQ(2.5GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、HDD 3TB、BDXLドライブ、フルHD(1,920×1,080ドット)表示/タッチ対応21.5型IPS液晶、3波チューナ×3(うち1基は視聴専用)、Windows 8.1 Update(64bit)、Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービス、Adobe Photoshop Elements 12を搭載。

 インターフェイスは、IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet、約92万画素Webカメラ、SDカードスロット、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI出力、HDMI入力、オンキヨー製スピーカー、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約516×170〜240×330〜365mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8kg。本体色はプレシャスブラックのみ。

「dynabook REGZA PC D81」

 REGZA PC D71は、D81をベースに、タッチ非対応IPS液晶とし、視聴専用TVチューナやHDMI出力、Adobe Photoshop Elements 12を省略したモデルとなる。重量は約7kg。本体色はリュクスホワイトとプレシャスブラックの2色。

「dynabook REGZA PC D71」(リュクスホワイト)
「dynabook REGZA PC D71」(プレシャスブラック)

 REGZA PC D51は、CPUをCeleron 2950M(2GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリを4GB、HDDを2TB、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブ、TVチューナを地デジ対応チューナ×1とし、HDMI出力やAdobe Photoshop Elements 12を省略したモデルとなる。そのほかの仕様は上位2機種と同じ。本体色はリュクスホワイトとプレシャスブラックの2色。

「dynabook REGZA PC D51」(リュクスホワイト)
「dynabook REGZA PC D51」(プレシャスブラック)

dynabook Dシリーズ

 dynabook Dシリーズは、21.5型IPS液晶搭載の上位モデル「dynabook D61」と、下位モデルの「dynabook D41」をラインナップ。店頭予想価格は順に20万円台半ば、15万円前後の見込み。

 dynabook D61は、Core i7-4710MQ、メモリ8GB、HDD 2TB、BDXLドライブ、フルHD対応21.5型IPS液晶の構成。

 dynabook D41は、Celeron 2950M、メモリ4GB、HDD 1TB、DVDスーパーマルチドライブ、フルHD対応21.5型液晶の構成。

 そのほかは共通で、Windows 8.1 Update(64bit)、Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービスを搭載。

 インターフェイスは、IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet、約92万画素Webカメラ、SDカードスロット、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI入力、オンキヨー製スピーカー、音声入出力を装備。

 本体サイズは約516×170〜240×330〜365mm(同)、重量は約7kg。本体色は両機種それぞれにリュクスホワイト、プレシャスブラックの2色が用意される。

「dynabook D61」(リュクスホワイト)
「dynabook D61」(プレシャスブラック)
「dynabook D41」(リュクスホワイト)
「dynabook D41」(プレシャスブラック)

(多和田 新也)