ニュース

ロジクール、ダイヤルで接続先切り替えるBluetoothキーボード

〜スマートフォン/タブレットスタンド付き

K480利用イメージ

 株式会社ロジクールは、PC/スマートフォン/タブレットなど3台のデバイスをダイヤルで切り替えて接続できるBluetoothキーボード「Bluetooth マルチデバイス キーボード K480」を9月12日に発売する。価格はオープンプライスで、税別直販価格は3,980円。

 本体左上に円形のダイヤルを搭載し、回すことで3つの接続先を切り替えられるキーボード。上部にはタブレットやスマートフォンを立て掛けられる溝や、Windows/Android/Chrome OSとiOS/Mac OS Xのキーレイアウトを切り替えてペアリングするボタンを備える。

 基本的に据え置きのPCとペアリングして使い、スタンドにスマートフォンやタブレットを立てておき、スマートデバイスでメールの返信やSNSへの投稿を行なおうとするときに、瞬時に切り替えて使うことを想定している。

 対応OSはHIDプロファイルをサポートするWindows 7/8、Mac OS X以降、Chrome OS、iOS 5以降、Android 3.2以降。

 キーレイアウトは84キー日本語、構造はパンタグラフ、キーピッチは19mm、キーストロークは2mm、押下圧は60g。ホーム、アプリケーション切り替え、戻る、検索、メディア操作、スクリーンショット/画面ロックなどのショートカットキーも備える。

 通信距離は10m。単4形乾電池を2本使用し、電池寿命は最大2年。本体サイズは299×195×20mm(幅×奥行き×高さ)、重量は815g。本体色はブラックとホワイトの2種類が用意される。

ブラックモデル(スマートフォンは付属しません)
ブラックモデルの本体背面
ホワイトモデル(スマートフォンは付属しません)
ホワイトモデルの本体背面

 発売に先立って、ロジクールは4日に都内で記者説明会を開催した。製品説明を行なった株式会社ロジクールで製品担当を務める古澤明仁氏は、「近年はスマートフォンやタブレット市場の拡大により、1人のユーザーで複数のデバイスを使う機会が増えている。特に会社の机の上では煩雑になりがちである。K480は据え置きPCで利用することを前提に、スマートフォンやタブレットでもキーボード入力をできる付加価値を提案。ダイヤル式の切り替えの採用やマルチOSへの対応、対応する刻印の表記により、直感的で他社にはない操作性を実現できた」とアピールした。

製品担当を務める古澤氏
会社のデスクの例。多くのデバイスがひしめいている
K480ではタブレットやスマートフォンを立てかけられる
縦置きでは、タブレットとスマートフォンを両方置くことも可能
PCのみならず、スマートフォンやタブレットでもテキスト入力の場面が多く発生する
溝の幅は258mm。奥行きも10.5mmと余裕があるが、これは端末を一般的なカバーを付けたままの状態でも装着できるようにするため
重量は電池を含めて815gと、明らかにモバイル向けではないのだが、これは複数のデバイスを立てかけても倒れないようにするためだ
ペアリング時にOSを選択できる
Windows/Android/Chrome OSでは左側、iOSでは右側のペアリングボタンを押す
これにより、OS間のキーマッピングの違いを吸収する。刻印もきちんと用意されている
ダイヤルでデバイスを直感的にに切り替えられる
会場で展示されたブラックモデルの実機
ダイヤルが良いアクセントとなっている
ホワイトモデルも用意されている

 なお、ほんの数分使ってみた感想をお伝えしておくと、机の上に置いて複数のデバイスをまとめられるため、便利であった。キータッチはメンブレンっぽい感触だが、ストロークが深くしっかり入力できる。ただキー押下時の音が若干大きめだ。

 加えて、Windowsにおいて、F1〜F12キーはFnキーと同時に入力する必要があり、Fnキー非押下時はメディア操作などのショートカットとして動作する点が気になった。タブレットやスマートフォンではこの仕様で問題ないのだが、Windowsの日本語入力において(カタカナ変換や英字無変換など)ファンクションキーは多用する人も少なくないので、次期では改善していただきたい点である。

(劉 尭)