ニュース

有機ELディスプレイの統合新会社「JOLED」が2015年に発足

〜産業革新機構、ジャパンディスプレイ、ソニー、パナソニックが出資

 株式会社産業革新機構(INCJ)、株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー株式会社およびパナソニック株式会社は31日、有機ELディスプレイパネルの量産開発加速と事業化を目的とした統合新会社、株式会社JOLED(ジェイオーレッド)を2015年1月に発足させる予定だと発表した。

 JOLEDの議決権は、INCJが75%、JDIが15%、ソニーとパナソニックが5%ずつ保有する予定。開発に一定のめどが立った時点において、本格量産を見据えたパイロットラインを構築すべく、INCJおよびJDIからの追加出資を含めた支援を予定している。

 JOLEDではソニーとパナソニックなどが持つ有機EL成膜技術、酸化物半導体技術、フレキシブルディスプレイ技術などの技術とリソースを集結し、JDIが培ったディスプレイ技術と融合することで、有機ELディスプレイ分野におけるリーディングカンパニーを目指すとしている。

 有機ELディスプレイは画素1つずつが発光する有機材料を使用することで、薄型化/軽量化が可能であり、次世代ディスプレイ技術として期待されている。JOLEDではさらなる軽量化と薄型化が求められる中型以上のタブレット/ノートPCや、曲面/視認性/薄型化が求められているサイネージなどにおける有機ELの活用を目標に掲げる。

 経営陣には外部経営者を招聘する予定であり、現在INCJにて選定を進めている。INCJおよびJDIは、JOLEDに社外取締役を派遣する予定。

(劉 尭)