ニュース

JAL、国内線の機内インターネットサービスを7月23日に開始

「JAL SKY Wi-Fi」
7月23日 提供開始

 日本航空株式会社(JAL)は、1月30日に発表し、7月より順次開始するとしていた国内線向けの機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を、7月23日より開始することを発表した。

 導入されるのは、東京(羽田)-大阪(伊丹)線、東京(羽田)-福岡線、東京(羽田)-函館線に運航される、新仕様機材「JAL SKY NEXT」による運航便。対象便の運航は、同社の運航情報で前日に確認できるほか、7月23日21時頃からは予約/空席照会画面で確認することができるようになる。また、航空機の出入り口および機内の壁面などにロゴが掲示される。JALでは2016年度上半期までにボーイング737-800、767-300/-300ER、777-200/-300の計77機を、新仕様機へ改修する予定。

「JAL SKY NEXT」のロゴを付けたボーイング777-200型機のほか、衛星通信用アンテナ取り付け済みの767-300ER、737-800

 JAL SKY Wi-Fiは米gogoのシステムを利用し、無料で利用できる機内のエンターテインメントサービスと、外部へのインターネット接続を提供する。

 外部へのインターネット接続は有料で、機器に関わらず400円で30分間利用可能な「時間制プラン」のほか、時間制限なしで利用できる「フライトプラン」を用意。フライトプランは、450マイル以下(羽田-大阪など)の路線ではスマートフォン/PC/タブレット共通で500円。451〜650マイル(羽田-福岡など)の路線ではスマートフォンが500円、PC/タブレットが700円。651マイル以上の路線ではスマートフォンが700円、PC/タブレットが1,200円となる。

 なお、1月の発表時点で、5月に案内するとしていた「JALマイレージバンク」加入者への特典については現時点で明らかにされておらず、サービスの利用状況などを検証した上で実施時期などを決定し、8月末に詳細を案内するとしている。

(多和田 新也)