ニュース

パイオニア、既存のBDドライブで読める512GBのアーカイブ用光ディスク

〜メモリーテックとの共同開発

5月13日 発表

 パイオニア株式会社とメモリーテック株式会社は13日、既存のBDドライブで読み出し可能な片面256GBのデータアーカイブ用光ディスクの開発を発表した。メディアメーカーの三菱化学メディア株式会社も技術協力をしているという。市場への投入時期などは不明。

 デジタルデータを長期的に保存するための光メディアで、片面256GB、両面512GBの容量を持つ。記録層内の案内溝を廃して、案内層専用のガイド層を設ける「ガイド層分離型多層ディスク構造」を採用。記録層の構造をシンプルにし、片面あたり8層を積層することで大容量化した。ディスクの製造コストの低減や、製造の歩留まりも向上するという。さらに、記録層を10層積層し、両面で720GBの容量を持つディスクの試作にも成功済み。

 また、トラックピッチ0.32μmなどの仕様を既存のBDドライブと同じくしており、一部ピックアップとファームウェアの変更は必要ながら、新メディアを既存のBDドライブでそのまま読み取ることが可能な点を大きな利点とする。記録装置側も、既存BDと記録レーザー波長(405nm)、対物レンズ(開口率/NA=0.85)やエラー訂正方式、符号化方式といった仕様と統一しており、既存のBDメディアへの記録が可能となっている。

 今後、BDとは異なる、新たな信号処理方式を用いることで、12層積層、両面1TBの実現も可能であると考えているという。

「ガイド層分離型ディスク構造」の模式図
データ容量などのロードマップ

(多和田 新也)