ニュース

PLEXTOR、サーバー級コントローラ採用SSD「M6」の2.5インチ/mSATA版

「M6S」シリーズ
4月5日より順次発売

価格:オープンプライス

 株式会社リンクスインターナショナルは、PLEXTORブランドの最新SSD「M6」シリーズの2.5インチモデル「M6S」シリーズと、mSATAモデル「M6M」シリーズを、4月5日より順次発売する。価格はオープンプライス。

 サーバーグレードを謳うMarvell製コントローラ「88SS9188」と、東芝の19nm Toggle NANDを採用。長期間の利用でも速度低下を抑える「True Speed Technology」や、2mW未満の待機モードであるDevSleep、TRIM、NCQ、S.M.A.R.T.をサポートする。MTBFは150万時間。

「M6M」シリーズ
M6Mの基板
コントローラのMarvell「88SS9188」

 「M6S」シリーズは、128GB(PX-128M6S)、256GB(PX-256M6S)、512GB(PX-512M6S)の3モデル。店頭予想価格(税別)はそれぞれ10,680円前後、18,580円前後、40,980円前後の見込み。発売は128/256GBが4月5日、512GBは5月を予定している。

 本体サイズは69.85×100×6.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約55g。

 「M6M」シリーズは、64GB(PX-64M6M)、128GB(PX-128M6M)、256GB(PX-256M6M)、512GB(PX-512M6M)の4モデル。店頭予想価格(同)はそれぞれ7,280円前後、11,180円前後、20,780円前後、42,180円前後の見込み。発売は64〜256GBが4月5日、512GBは5月を予定している。

 mSATAモデルはAES-256暗号化をサポート。本体サイズは29.8×50.8×3.6mm(同)、重量は約10g。

 各モデルのキャッシュ容量および最大転送速度は下記の通り。

【表】M6Sシリーズのキャッシュ容量と最大転送速度
PX-128M6S PX-256M6S PX-512M6S
ストレージ容量 128GB 256GB 512GB
キャッシュ容量 256MB 512MB 768MB
シーケンシャルリード 520MB/sec
シーケンシャルライト 300MB/sec 420MB/sec 440MB/sec
ランダムリード 88,000IOPS 90,000IOPS 94,000IOPS
ランダムライト 75,000IOPS 80,000IOPS
【表】M6Mシリーズのキャッシュ容量と最大転送速度
PX-64M6M PX-128M6M PX-256M6M PX-512M6M
ストレージ容量 64GB 128GB 256GB 512GB
キャッシュ容量 128MB 256MB 512MB 768MB
シーケンシャル
リード
520MB/sec
シーケンシャル
ライト
160MB/sec 340MB/sec 440MB/sec
ランダムリード 73,000IOPS 90,000IOPS 94,000IOPS
ランダムライト 42,000IOPS 76,000IOPS 80,000IOPS

 なお、同社では3月29日からM6シリーズ発売を記念したキャンペーンを実施しており、今回発売されるM6S/M6Mシリーズの購入も応募対象となる。詳しくは関連記事を参照されたい。

(多和田 新也)