ニュース

インテル、8ソケット15コアのXeon E7-8800 v2などを発表

ダイ写真
2月19日 発表

 インテル株式会社は19日、最大で15コアを内蔵する「Xeon E7-8800/4800/2800 v2」製品ファミリーを発表した。

 コードネーム「Ivy Bridge-EX」で呼ばれる製品で、コアアーキテクチャは、Xeon E5 v2と同じだが、既存製品に対し、最大でコアを15コアに、キャッシュを25%増やすなどし、データプロセス性能を最大で2倍に強化。また、メモリ容量は3倍に、I/O性能は4倍に向上させるとともに、99.999%の可用性を実現した。また、上位製品は8ソケットにまで対応する。

 最上位製品の主な仕様は、プロセスルールが22nm、コア数が15基、同時実行スレッド数が30、ラストレベルキャッシュが37.5MB、DIMM数が24基、メモリ容量が12TB、メモリクロックが1,600MHz、PCI Express 3.0がソケット当たり32レーン、QPI帯域幅が8Gtps。加えて、eMCA Gen 1、MCA Recovery execution Path、MCA IO、PCILERなどのRAS機能、Secure Key、OS Guard、Integrated I/O、DirectData I/O、Node Manager 2.0、AVX、APICvなどにも新たに対応する。

新製品の概要
最大で15コアを内蔵
RAS機能も強化
標準で最大8ソケットまで対応
15のコアはリングバスで接続
電力当たりの性能も改善
【表】新製品の主な仕様
E7-8890 v2 E7-8880 v2 E7-8870 v2 E7-8850 v2
ソケット数 8 8 8 8
コア数 15 15 15 12
クロック 2.8GHz 2.5GHz 2.3GHz 2.3GHz
LLC 37.5MB 37.5MB 30MB 24MB
TDP 155W 130W 130W 105W
E7-8891 v2 E7-8893 v2 E7-8880 L v2 E7-8857 v2
ソケット数 8 8 8 8
コア数 10 6 15 12
クロック 3.2GHz 3.4GHz 2.2GHz 3GHz
LLC 37.5MB 37.5MB 37.5MB 30MB
TDP 155W 130W 105W 130W
E7-4890 v2 E7-4880 v2 E7-4870 v2 E7-4860 v2
ソケット数 4 4 4 4
コア数 15 15 15 12
クロック 2.8GHz 2.5GHz 2.3GHz 2.6GHz
LLC 37.5MB 37.5MB 30MB 30MB
TDP 155W 130W 130W 130W
E7-4850 v2 E7-4830 v2 E7-4820 v2 E7-4809 v2
ソケット数 4 4 4 4
コア数 12 12 8 6
クロック 2.3GHz 2.3GHz 2GHz 1.9GHz
LLC 24MB 24MB 16MB 12MB
TDP 105W 105W 105W 105W
E7-2890 v2 E7-2880 v2 E7-2870 v2 E7-2850 v2
ソケット数 2 2 2 2
コア数 15 15 15 12
クロック 2.8GHz 2.5GHz 2.3GHz 2.3GHz
LLC 37.5MB 37.5MB 30MB 24MB
TDP 155W 130W 130W 105W

(若杉 紀彦)