ニュース

音楽配信サービス「Xbox Music」が国内で開始

〜エイベックス、キングレコードなどから2,500万曲が配信

12月20日 サービス開始

 日本マイクロソフト株式会社は、Windows 8.1/RT 8.1向けの音楽配信サービス「Xbox Music」を12月20日より開始する。

 11月末にサービスの概要が発表されていたが、このたびサービスの準備が整い、詳細が公開されるとともに、サービス自身も開始となった。20日時点で楽曲を提供するのは、エイベックス・マーケティング、キングレコード、テイチクエンタテインメント、徳間ジャパンコミュニケーションズ、日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、フォーライフミュージックエンタテイメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンの9社で、国内外の2,500万曲が配信。参加音楽会社は今後順次拡大される。

 サービスは、Windows 8.1に標準搭載の「ミュージック」アプリから利用する。1曲あたりの中心価格帯は150〜250円。クレジットカードおよび、プリペイドカードであるWindowsストアギフトカード、Xboxギフトカードも利用できる。ファイル形式は320kbps(一部異なる場合もある)のMP3で、DRMはかかっていないため、購入したPC以外でも聴くことができる。

 サービス開始を記念して、LINKIN PARKのリミックス曲「LINKIN PARK x STEVE AOKI / A LIGHT THAT NEVER COMES (Brian Yates Remix)」を本サービス独占で、2014年1月15日まで無料で配信する。

(若杉 紀彦)