ニュース

デル、約35万円の4K/10bit対応31.5型IGZO液晶

〜24型4Kディスプレイも近日発売

UP3214Q(※スピーカー別売り)
11月28日 発売

価格:349,980円

UP3214Q 背面

 デル株式会社は28日、同社初の4K表示対応IGZO液晶「UP3214Q」を発売した。価格は349,980円。

 3,840×2,160ドット(4K)/10bit表示に対応する31.5型IGZOパネルを採用。内部処理は12bitで、色域はAdobeRGBを99%カバー。表面は非光沢タイプで、3Hの硬度を持つコーティングを施している。

 プロ向けモデルに位置付けられており、色補正済みで出荷されるほか、ユーザーによるカスタム補正も可能。ハードウェアキャリブレータにも対応する。また、デスクトップを仮想的に分割してウィンドウを整列するなどの機能を持つ「Dell Display Manager」もサポートする。

 主な仕様は、輝度は最大350cd/平方m、コントラスト比が1,000:1(最大200万:1)、応答速度が8ms(中間色)、視野角が上下/左右それぞれ176度。インターフェイスはHDMI、Mini DispayPort、DisplayPort。4ポートのUSB 3.0 Hub、6-in-1カードリーダも内蔵する。

 スタンドはチルト、スイベル、高さの各調整や、VESA 100mmマウントに対応。本体サイズは749.9×214×482.6〜572.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12.15kg。

UP2414Q

 同じく3,840×2,160ドット表示に対応する、23.8型IPS液晶「UP2414Q」の近日発売も表明。視野角が上下/左右それぞれ178度と広いことを除いては、主な仕様はUP3214Qとほぼ同等。本体サイズは569×192×371.1〜501.7mm(同)、重量は7.1kg。

UP2414H

 このほか、世界最薄というベゼル幅6.05mmの狭額縁デザインで、1,920×1,080ドット表示に対応する23.8型液晶「UP2414H」も発売。価格は24,980円。

(多和田 新也)