ニュース

東芝、約22時間駆動のWin7 Pro搭載薄型ノートPC個人向けモデル

dynabook R634
11月下旬 発売

価格:158,800円〜

 株式会社東芝は20日、Windows 7 Professionalを搭載する薄型ノートPCの受注を開始した。11月下旬より出荷する。

 19日に発表された法人向け製品と同等のものを、個人向けにも直販のみで販売する。Windows 8.1 Proのダウングレード権を使ってWindows 7 Professionalを搭載。ラインナップは13.3型「dynabook R634」、14型「dynabook R644」、15.6型「dynabook R654」の3機種。共通の特徴として、4K出力対応HDMIを装備する。

 いずれもOffice Home and Business 2013の有無を選択可能。各モデル先着50名に5,000円分のVISAギフトカートをプレゼントするキャンペーンを実施する。

 dynabook R634は、バッテリ駆動時間約22時間、厚さ約17.9mm、重量約1.219kgの13.3型モバイルノートPC。価格は158,800円から。

 独自のBIOS技術、高効率な液晶バックライトや電源回路を採用し、冷却ファンを最適化し、長時間駆動を実現。加えて、高密度実装技術、マグネシウム合金の鋳造、ハニカム構造などにより薄型軽量化しつつ、高い堅牢性も両立させたという。

dynabook R634

 主な仕様は、Core i7-4500U(1.80GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、SSD 256GB、1,366×768ドット対応13.3型液晶を搭載。インターフェイスはUSB 3.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac(Draft)無線LAN、Bluetooth 4.0、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、SDカードスロット、約92万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 本体サイズは約316×227×13.9〜17.9mm(幅×奥行き×高さ)。

 dynabook R644は、バッテリ駆動時間約22時間、重量約1.51kg、vPro対応の14型ノートPC。価格は168,800円から。

 主な仕様は、Core i7-4600U vPro(2.10GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、SSD 256GB、1,600×900ドット対応14型液晶を搭載。インターフェイス類はR634とほぼ同じ。本体サイズは約338×236×15.9〜20.4mm(同)。

dynabook R644

 dynabook R654は、バッテリ駆動時間約15時間、重量約1.75kg、vPro対応の15.6型ノートPC。価格は178,800円から。

 主な仕様は、Core i7-4600U vPro、メモリ8GB、SSD 256GB、1,920×1,080ドット対応15.6型液晶を搭載。インターフェイス類はR634とほぼ同じ。本体サイズは約379×252×15.9〜20.4mm(同)。

dynabook R654

(山田 幸治)