ニュース

富士通、2,560×1,600ドット対応10.1型液晶搭載のWindowsタブレット

〜Atom Z3770採用でバッテリ駆動時間は約15.5時間

ARROWS Tab QH55/M
11月21日 発売

価格:オープンプライス

 富士通株式会社は、WQXGA(2,560×1,600ドット)表示対応10.1型液晶を搭載するWindows 8.1タブレット「ARROWS Tab QH55/M」を11月21日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後の見込み。

 プロセッサにBay Trail-Tのコードネームで知られるAtom Z3770(1.46GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載。メモリは4GB、ストレージは64GB。OSはWindows 8.1、Office Home and Business 2013を搭載する。バッテリ駆動時間は約15.5時間。

 ディスプレイは、299ppiの画素密度となる2,560×1,600ドット/10.1型IPS液晶を搭載。1,024段階の筆圧検知に対応する電磁誘導方式のデジタイザペンも付属し、本体に収納して持ち運びできる。

 本体はIPX5/7/8の防水、IP5Xの防塵に対応するほか、アルコール除菌シートなどのエタノール/IPA(イソプロピルアルコール)/次亜塩素酸ナトリウムに対する耐薬品性も備える。また、画面が濡れている状況でも利用できるよう、付属のデジタイザペンもIPX2に準拠した防滴性を備える。

 そのほか、Windowsのマルチアカウントに連動可能な指紋センサーを搭載するほか、無線LAN/Bluetoothの動作切り替えなどを行なえるステータスパネルの呼び出しや、画面キャプチャーをハードウェアスイッチで操作できるなどの機能を持つ。

 インターフェイスはIEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、NFC、microSDカードスロット、約800万画素背面/約200万画素前面カメラ、USB 3.0、USB 2.0、音声入出力。GPS、加速度、地磁気、照度、ジャイロの各センサーも搭載する。

 本体サイズは267×180.8×9.9mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約650g。オプションでスリムキーボード(店頭予想価格:14,800円前後)、充電用クレードル(同5,250円前後)、拡張クレードル(同8,400円前後)なども用意される。

 また、直販サイトのWEB MARTでは「WQ1/M」の型番で販売され、カスタムメイドでストレージ128GBを選択できる。

(多和田 新也)