ニュース

WZソフトウェア、プログラミング/プレーンテキスト専用のエディタ

〜関数を自動補完する機能などを搭載

WZ Programming Editiorによる高速補完入力
11月中旬 発売

価格:3,990〜4,998円

 株式会社WZソフトウェアは、プログラミング/プレーンテキスト編集専用のエディタソフト「WZ Programming Editor」を11月中旬に発売する。価格はオンライン版が4,998円、WZ EDITOR 8登録ユーザー向けのオンライン・優待販売版が3,990円。対応OSはWindows Vista/7/8。

 プログラミング、HTML、プレーンテキストなどのテキストファイル編集用途に特化したエディタ。プログラミング向けに設定や機能をプレーンテキスト専用に絞り込むことで操作性を向上させた。

 新機能としては、プログラミングの変数や関数名を先頭の1〜2文字の入力で補完再入力ができる「高速補完入力」を搭載。さらに、先頭の1〜2文字の入力で検索語句を選択でき、検索も下/上矢印キーで次検索/前検索できる検索専用ウィンドウ「WZ Search」を搭載する。

 また、WZ EDITOR 8と比較して、テキストの表示速度を50%高速化。行番号表示の横スクロール対応、行番号とテキストの余白調整、ルーラーのゲージ表示調整などによりテキストの視認性を向上させたとしている。

 発売に先立ち、11月末まで全機能を試用できるプレビュー版も提供開始した。

検索専用ウィンドウ「WZ Search」
Cプログラムのアウトライン表示

(劉 尭)