ニュース

HP、世界初のHaswell搭載ファンレス2-in-1 Ultrabook

〜世界初のジェスチャーコントローラ「Leap Motion」内蔵機も

「Spectre 13x2」
9月19日(現地時間)発表

 米Hewlett-Packard(HP)は19日(現地時間)、年末商戦向けに世界初となるファンレスのHaswell搭載2-in-1 Ultrabook「Spectre 13x2」や、やはり世界初となる「Leap Motion」内蔵ノートなどコンシューマ向け製品を一斉発表した。

 Spectre 13x2は、液晶が取り外せる着脱の2-in-1 Ultrabook。CPUにはHaswellを搭載しながらも、世界で初めてファンレス化を実現した。サイズなどは書かれていないが、型番から推測すると13型で、解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)。10月に予約受け付けを開始予定で、価格は1,099.99ドルより。

「ENVY 17 Leap Motion Special Edition」

 Leap Motionは、ジェスチャーによる入力を可能にする単体の小型デバイスで、手や指の動きを識別し、操作することができる。これにより、ディスプレイに触れることなく、指の動きでスワイプやピンチ操作を行なったり、空中でペンを動かして文字を書いたりといったことができる。「ENVY 17 Leap Motion Special Edition」は、これを世界で初めて内蔵するPC。液晶はフルHD対応の17.3型。Haswellと最新のNVIDIA GPUを搭載するとしている。10月に予約受け付けを開始予定。価格は1,049.99ドルより。

 このほか、同社はTegra 4搭載タブレット2機種なども発表。「Slate Pro」はTegra 4を搭載し、Androidタブレットでは珍しい4:3の7.98型液晶を採用する。

Leap Motionの紹介動画

(若杉 紀彦)