ニュース

Windows 8.1の単体価格はWindows 8と同一に

〜単体版はアップグレードと新規インストールが可能に

Windows 8.1パッケージ
9月17日(現地時間)発表

 米Microsoftは17日(現地時間)、Windows 8.1単体の価格を発表した。Windows 8.1は119.99ドル、Windows 8.1 Proは199.99ドルと、これまでのWindows 8と同じ価格体系となる。

 Windows 8.1は、従来のService Packと似た位置付けで、Windows 8には無償のアップグレードとして日本時間の10月17日より提供される。提供方法は、Windows Storeからのダウンロードとなる。

 一方、単体版も店頭およびオンラインで同時に発売されるが、Windows 8は旧OSが入ったPCに対するアップグレード版だったのに対し、Windows 8.1では、アップグレードと新規インストールの両方ができるようになった(旧OSの所有は不要)。ただし、Windows 7 PCに対しては、設定やデータを引き継ぐアップグレードインストールができるが、Windows Vista以前のPCに対しては、新規インストールしかできない。

 このほか、Windows 8.1がプリインストールされるPCを購入したユーザー向けにWindows 8.1 Proへのアップグレードパックが99.99ドルで、またWindows 8.1 Proユーザー向けにMedia Centerパックが9.99ドルで発売される。

 なお、自作ユーザー向けなどに、DSP版も発売されると思われるが、その件に関しては情報は公開されていない。

Windows 8.1 Proパッケージ
Windows 8.1 Proパックパッケージ

(若杉 紀彦)