ニュース

ドスパラ、メタルボディ採用で12,980円の7型タブレット

〜クアッドコア搭載の10型も

Diginnos Tablet DG-DO7S
7月24日 発売

価格:12,980円〜19,980円

 株式会社サードウェーブデジノスは、Rockchip製の最新SoCを搭載した7型タブレット「Diginnos Tablet DG-D07S」、10型タブレット「同DG-Q10S」を7月24日に発売する。価格は前者が12,980円、後者が19,980円。

 7月11日より店頭およびWeb直販サイトで予約受付を開始し、それぞれ先着300名には専用の液晶保護シート(非光沢タイプ)をプレゼントする。新製品の発売に伴い、旧モデル「ドスパラタブレット」は在庫限りの販売となる。

 なお、新製品の液晶パネルの種類は非公開。また、従来と同様Google PlayやGmailなどを搭載せず、Tapnow Marketでソフトを導入する。

Diginnos Tablet DG-D07S

 「Diginnos Tablet DG-D07S」はドスパラタブレットの後継となる、7型液晶搭載のタブレット。液晶が1,280×800ドットに高解像度化したほか、アルミ合金採用のフルメタルボディで質感を高めた。

 SoCはRockchipの28nm HKMGプロセスで製造される最新のデュアルコア「RK3168」を採用。CPUコアはCortex-A9でクロックは最大1.2GHz、GPUコアはPowerVR SGX540となっている。そのほかの仕様は、メモリが1GB、ストレージが8GB、OSがAndroid 4.2となっている。

 インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、Micro USB、microSDカードスロット、Mini HDMI出力、音声出力、加速度センサー、30万画素前面カメラ/200万画素背面カメラ、ステレオミニジャックによる音声出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約4.5時間。本体サイズは約191×113×7.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約272g。

片手でちょうど持てる大きさ
フルメタルボディの採用で、質感は高い
厚みはわずか7.9mmで、iPhone 4Sよりも薄い
写真は試作機だが、搭載アプリの一覧。実際の製品とは異なる場合がある
Android 4.2.2を搭載
日本語入力システムSimejiを搭載

Diginnos Tablet DG-Q10S

Diginnos Tablet DG-Q10S

 「Diginnos Tablet DG-Q10S」は同社初の10型液晶搭載タブレット。SoCはRockchip製/クアッドコア/28nm HKMGプロセスの「RK3188」を採用。CPUコアはCortex-A9でクロックは最大1.6GHz、GPUコアはMali-400MP4となっている。

 そのほかの仕様は、メモリが1GB、ストレージが16GB、液晶が1,280×800ドット表示対応10型、OSがAndroid 4.1となっている。

 インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、Micro USB、microSDカードスロット、Mini HDMI出力、音声出力、加速度センサー、30万画素前面カメラ/200万画素背面カメラ、ステレオミニジャックによる音声出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約7時間。本体サイズは約263×176×8.5mm(同)、重量は約544g。

 両製品ともに専用の液晶保護フィルムやケースなどを用意する。

7型モデルとは異なり、ホワイトや曲線を基調とした筐体
こちらも試作機だが、搭載アプリの一覧。実際の製品とは異なる場合がある
試作機でのストレージの使用量
10型はAndroid 4.1.1を搭載
WebブラウザでWebを閲覧しているところ
10型と7型のパッケージ
ACアダプタのほか、USBケーブル、Micro USBホスト用のケーブルなどが付属
専用の液晶保護フィルム
7型専用の保護ケース
専用ケースはスタンド機能も備えている

(劉 尭)