ニュース

Google、Google MapsとGoogle Earthから雲を消去

〜全世界が継ぎ目のない晴れた世界に

雲のない世界写真
6月26日(現地時間)発表

 米Googleは26日(現地時間)、Google MapsとGoogle Earthで利用できる航空写真(衛星写真)を刷新し、全世界から雲と地域ごとの継ぎ目を消去した。

 これまでの航空写真は、雲より高い位置から撮影されたものについては、当然のように雲が映り込んでいるものがあった。また、地球を細かなポイントに分割して撮影した写真をつなぎ合わせているため、隣接する場所であっても、色合いなどが異なり、継ぎ目が見えていた。

 今回Googleは、アメリカ地質調査所とアメリカ航空宇宙局の衛星ランドサット7号を使い、新たに撮影をし直した。この撮影では、場所によっては同じ箇所を、時間を変えて数十回撮影。これをコンピュータで分析、合成し、ほぼ常時曇りがちな熱帯地域の写真からも全て雲を取り除いた。同時に、隣接する箇所の継ぎ目もなくし、完全にズームアウトすると、雲も継ぎ目もない1枚絵の地球が表示される。

 今回の撮影に用いられたデータ量は数百TBで、画素数に換算すると800ギガピクセルに及ぶ。また、この更新に伴い、ロシア、インドネシア、中央アフリカといった地域でも高解像度写真が利用できるようになった。

左側が従来、右側が現在の写真。雲がない
サウジアラビアの写真。解像度が上がった

(若杉 紀彦)