ニュース

Micron、最大960GB、読み込み500MB/secのSSD「Crucial M500」を国内販売開始

Crucial M500
4月中旬以降順次発売

価格:オープンプライス

 マイクロンジャパン株式会社コンシューマープロダクツグループ(CPG)は、1月に米国で発表された同社製SSD最新モデル「Crucial M500」の国内販売時期と価格を発表した。Crucial M500は、Marvel製コントローラ「88SS9187」と20nm MLC NANDを組み合わせたSSD。インターフェイスはSATA 6Gbps。

 2.5インチ/7mm厚(9.5mm厚への変換アダプタ付属)、mSATA、M.2(NGFF)の各フォームファクターに、それぞれ120/240/480GBモデルを用意。2.5インチ/7mm厚には本製品の最大容量となる960GBモデルもラインナップされる。

 価格は全てオープンプライスで、店頭予想価格はフォームファクタを問わず120GBモデルが12,600円前後、240GBモデルが21,000円前後、480GBが38,850円前後、960GBモデルが60,900円前後の見込み。

 2.5インチとmSATAは4月中旬より出荷を開始。M.2モデルの出荷時期は未定としている。

【表】各モデルの性能
容量 120GB 240GB 480GB 960GB
シーケンシャル読み込み 500MB/sec 500MB/sec 500MB/sec 500MB/sec
シーケンシャル書き込み 130MB/sec 250MB/sec 400MB/sec 400MB/sec
4Kランダム読み込み 62,000IOPS 72,000IOPS 80,000IOPS 80,000IOPS
4Kランダム書き込み 35,000IOPS 60,000IOPS 80,000IOPS 80,000IOPS

 機能面ではハードウェアベースの暗号化技術を搭載し、MicrosoftのBitLockerや、Wave SystemsのEMBASSY Trust suiteなどのソフトウェアと組み合わせることで、TCG Opal 2.0+IEEE 1667準拠の暗号化機能を利用できる。また、使用量に応じた動的な電力制御、温度管理機能や、パワーロス防止機能などを備える。

2.5インチ/7mm厚モデル
mSATAモデル
M.2(NGFF)モデル

(多和田 新也)