2014年11月22日

2014年11月21日

2014年11月20日

ロジテック、600Mbps対応の無線LANルーター
〜IEEE 802.11ac技術採用

「LAN-WH600ACGR」

11月下旬 発売
価格:21,525円



 ロジテック株式会社は、IEEE 802.11ac技術を採用し、最大で600Mbpsでの通信が可能な無線LANルーター「LAN-WH600ACGR」を11月下旬より発売する。価格は21,525円。

 IEEE 802.11nの後継となる11acでは、最大3.6Gbpsでの通信が可能となる。ただし、現時点では11acは総務省から国内利用の許諾が出ていないため、対応製品は発売できない。そのため、先行するバッファローおよび今回のロジテックの新製品は11acで使われる技術の一部を採用することで、最大600Mbpsに高速化を図っている。ロジテックでは今夏の発売を予定していたが、11月にずれ込んだ。

 また、11ac技術は5GHz帯を利用するため、数多く存在する2.4GHz帯の電波干渉を避け、実効速度を向上できるほか、LAN-WH600ACGRでは、超ハイパワーアンテナの採用により、電波が届きやすくなっている。同社が行なった検証によると、同じ階での通信は約350Mbps、3階と1階とでの通信でも約280Mbpsという結果が出たとしている。

 対応無線LAN規格はIEEE 802.11ac/a/b/g/n、対応周波数帯は2.4/5GHz。アンテナは3×3で、最大転送速度は5GHz 11acで600Mbps、2.4GHz 11nで450Mbps。有線LANはGigabit Ethernet×5。

 対応認証方式は、WPA-2PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)、WEP(128/64bit)。機能面では、2セッションのPPPoEマルチセッション、UPnP、ダイナミックDNSに対応。また、スマートフォンだけで初期設定を完了できる機能や、QRコードの読み取りでWi-Fi設定を行なう機能を搭載する。

 本体サイズは約190×210×45mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約580g。

(2012年 11月 15日)

[Reported by 若杉 紀彦]