Microsoft、Windows 8製品版のOEM向け出荷を開始
〜MSDNでは8月15日からダウンロード可能に

8月1日 発表(現地時間)



 米Microsoftは1日(現地時間)、予定通りWindows 8が完成し、OEMパートナー向けに出荷を開始したと発表した。

 一般向けのOSおよび搭載PCの販売は10月26日を予定するが、MSDNおよびTechNetの加入者は8月15日よりダウンロード可能となり、Software Assurance加入者は8月16日よりEnterprise版ボリュームライセンスを利用可能となる。

 OS単体の価格は発表されていないが、米国では既存のユーザー(Windows XP以降が対象)向けに39.99ドルでWindows 8 Proアップグレード版の提供を予定。また、今後Windows 8 優待購入プログラム対象となるWindows 7 PC購入ユーザーは14.99ドルでアップグレードができる。

(2012年 8月 2日)

[Reported by 若杉 紀彦]