PLDS、最大リード520MB/secのSSD「M5」シリーズ

PX-256M5S/PX-128M5S

7月7日 発売
価格:オープンプライス



基板

 株式会社リンクスインターナショナルは、台湾PHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS(PLDS)製のPlextorブランドSSD「M5」シリーズを7月7日に発売する。価格はすべてオープンプライス。容量ラインナップおよび店頭予想価格は、128GBの「PX-128M5S」が11,480円前後、256GBの「PX-256M5S」が19,980円前後の見込み。

【7月5日修正】リンクスより発売日が変更されました。

 「M3」シリーズの後継モデル。コントローラは引き続きMarvell製「88SS9174」を搭載し、フラッシュメモリはMicron製となり、最大リード速度は520MB/secに向上した(M3は東芝製で510MB/sec)。最大ライト速度は128GBモデルが200MB/sec、256GBモデルが390MB/sec。

 機能面はM3を踏襲し、長期使用でも性能を維持するPlextor True Speed Technology、性能低下を抑えるInstant Restore、TRIMコマンドなどを搭載。また、リードエラーを低減するBad Block Managementなどをサポートする。

 キャッシュはDDR3メモリで、容量は128GBモデルが256MB、256GBモデルが512MB。4Kランダムリード/ライトIOPSは、128GBモデルが71,000/51,000、256GBモデルが73,000/70,000。インターフェイスはSATA 6Gbps。

 フォームファクタは2.5インチ、耐衝撃性は1,500G(1ms)、MTBFは150万時間。消費電力は動作時2.8W、非動作時0.7W。重量は75g。


PX-256M5Sのベンチマーク結果 PX-128M5Sのベンチマーク結果

(2012年 7月 3日)

[Reported by 劉 尭]