ナナオ、世界初の暗部視認性向上技術搭載23型ワイドIPS液晶

FORIS FS2333

7月13日 発売
価格:オープンプライス



 株式会社ナナオは、世界初の暗部視認性向上技術「Smart Insight」を搭載した23型ワイドIPS液晶ディスプレイ「FORIS FS2333」を7月13日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は39,800円。

 5月中旬に「Smart Monitor」として予告した製品。同社が独自開発した「Smart Insight」は、機器から入力してきた信号を独自のアルゴリズムで分析し、暗部の補正を行なう技術。暗部補正技術は他社でも搭載していたが、それらは画面全体のガンマカーブを調節することで実現していたのに対し、Smart Insightでは元画像全てを解析し、「人が見づらい」と思われる箇所の明暗のみ調整を行なう。これにより人間の視覚特性を忠実に再現できるという。

付属のリモコン

 Smart Insight適用の強弱は、OFFも含めて6段階で設定可能。また、特にゲームの暗部に有効としており、プロのeSportsチーム「Fnatic(フナティック)」と共同開発を行ない、ゲームモードではより強い効果を含めた独自の6段階の適用が可能となる。各種設定は付属のリモコンで行なえるが、リモコンは新たにSmart専用ボタンを設けた。

 従来の「FS2332」からは、超解像技術「Smart Resolution」、動画検出技術「Smart Detection(動画領域補正)」を踏襲する。なお、新チップを開発したことにより、これらのSmart機能をすべて適用した時でも表示遅延は0.05フレーム未満としている(フルスクリーン表示時)。また、高速な3.4ms(中間色)のIPSパネルを採用し、残像の少ない動画を実現した。

 筐体スタンドは新たに60mmの昇降、左右172度のスイベルに対応した。チルトは0度〜25度。また、本体背面に持ち運びを容易にするハンドルと、配線を束ねられるケーブルホルダーを搭載した。さらに、従来はスタンドを外してもネックが本体と一体型だったが、今回のスタンドはネック部の取り外しもでき、アームに取り付けた時のデザイン性を改良した。

 そのほか機能面では、カラーマッチングツール「EasyPIX」の対応、工場出荷時のガンマ特性の調節、10bitルックアップテーブル、ノングレアパネル、7つのカラーモード、カスタマイズ可能な3色カラーシートの付属など、FS2332をほぼ踏襲する。

 主な仕様は、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)、表示色数が約1,677万色、応答速度が3.4ms、輝度が250cd/平方m、コントラスト比が1,000:1(最大5,000:1)、視野角が上下/左右ともに178度。

 インターフェイスは、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、HDMI×2を備える。また、ステレオミニジャックによるラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン出力を備える。0.5W+0.5Wのステレオスピーカーを内蔵する。

 本体サイズは545×200×390〜450mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.4kg。


FORIS FS2333 3色カラーシートが添付 本体背面
ハンドル付きで持ち運びやすくなった 従来のFS2332(写真左)との比較 Smart Insight技術
他社の暗部補正技術との違い Smart Insightのデモ(左がON) Smart Insightのデモ(左がON)

(2012年 6月 14日)

[Reported by 劉 尭]