Apple、2,048×1,536ドット液晶搭載の新型iPadを発表
〜新CPU「A5X」搭載

new iPad

3月16日 発売
価格:499ドル〜



 米Appleは7日(現地時間)、新型「iPad」を発表した。リリースでの呼称は“new iPad”とされており、事前に予想されていた“iPad 3”ではなかった。米国での発売は3月16日(同)で、日本でも同じく3月16日に発売される。

 液晶は9.7型IPS液晶でiPad 2と同じだが、2,048×1,536ドットと、縦横とも2倍の解像度となった。264dpiの解像度を持ち、iPhone 4シリーズ同様にRetina Displayと呼ばれる。

 CPUはオリジナルのA5Xで、CPU部分はデュアルコア、グラフィックスはクアッドコアとなった。内蔵のiSigitカメラも500万画素に強化された。カメラのレンズはF2.4と明るく、暗い場所での撮影に威力を発揮するとしている。

 従来通り、Wi-FiモデルとWi-Fi+4Gモデルがあり、それぞれ16/32/64GBの3モデルが用意される。国内での価格は、Wi-Fiモデルが42,800円/50,800円/58,800円、Wi-Fi+4Gモデルが53,800円、61,800円、69,800円。本体色はホワイトとブラックの2色が用意される。

本体色はブラックとホワイト 高解像度を活かしたアプリケーション

 Wi-Fiモデルは、無線LANはIEEE 802.11a/b/g/nに、Bluetoothは4.0に対応する。Wi-Fi+4Gモデルでは、初めて4G LTEに対応したほか、HSPA+、DC-HSDPA、CDMA、GSMにすべて対応する。回線業者が対応していれば、テザリングも可能となっている。

 本体サイズは、Wi-Fiモデルが185.7×241.2×9.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は652g。Wi-Fi+4Gモデルが185.7×241.2×9.4mm(同)、662g。従来モデルと縦横は同じで、厚さと重量がやや増した。バッテリ駆動時間はWi-Fiモデルが10時間、Wi-Fi+4Gモデルが9時間。

 なお、従来のiPad 2は16GBモデルのみ併売される。価格は従来から値下がりし、Wi-Fiモデルが34,800円、Wi-Fi+3Gモデルが45,800円。

(2012年 3月 8日)

[Reported by 伊達 浩二]