キングジム、BluetoothでiPhoneにも繋がる新型ポメラ
〜繰り返し使えてPCにも取り込める手書きメモパッドも

「ポメラDM100」

11月25日より順次発売
価格:
ポメラDM100:37,800円
Boogie Board Rip:14,800円



 株式会社キングジムは、Bluetoothや液晶バックライトなどを新たに装備し、デザインを一新した文章入力端末「ポメラDM100」を11月25日より、繰り返し使える液晶型メモパッド「Boogie Board Rip」を12月2日より発売する。価格は前者が37,800円、後者が14,800円。

●ポメラDM100

 ポメラはコンパクトなクラムシェル型で、文章の入力に特化した端末。従来までのモデルは、閉じた時に正方形に近い形状で、利用時は液晶を開けてから、さらにキーボードを左右に開く構造になっていた。これに対し、新型はキーボードが折りたたまないストレートタイプになり、閉じたときの形状は長方形になった。これにより、たたんだ時の横幅は2.5倍以上になったが、厚さは若干薄くなり、打鍵時の安定性が向上した。キーピッチは従来と同じ17mm。

 日本語入力システムは引き続きATOKを採用するが、新たにPC版ATOKのユーザー辞書を取り込めるようになった。また、キーの割り当て変更に加え、親指シフトに対応し、そのためのキートップシールが付属する。

 また、シリーズで初めてBluetoothに対応。これにより、USBだけでなく、無線でPCに接続し、データを転送できるようになったほか、iPhone/iPadなどiOS 4.0以降を搭載する端末のBluetoothキーボードとしても利用可能になった。対応プロファイルはHIDとFTP。

 入力については、横書きに加え縦書きに対応。さらに、1ページあたりの行数と文字数を固定するフレーム表示機能や、Excelのような表形式の入力機能(書式はCSV)、2つのファイルを同時に開ける2画面編集機能を追加した。また、液晶の右横に国語/英和/和英の3つのボタンを備え、選択している言葉をそれぞれの辞書で調べる機能も搭載した。

 液晶は引き続きモノクロだが、4型から5.7型に大型化するとともに、解像度も640×480ドットから800×600ドットに高精細化したほか、バックライトを搭載した。一方で、電池を単4形から単3形に変更することで、駆動時間は従来の1.5倍に伸びた。

 本体メモリは128MB、1ファイルあたりの最大文字数は全角4万文字で、最大1,572ファイルを保存可能。インターフェイスはUSB(ミニB)、SDカードスロット。電源は単3形アルカリ乾電池/エネループ×2で、駆動時間は約30時間/25時間。対応OSは、Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.5以降。

 本体サイズは263×118.5×24.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約399g(電池含まず)。

 なお、現行モデルは引き続き販売する。

開いたところ。フォームファクタはVAIO Pに近い 閉じたところ。天板はマットな感じ 裏面。電池は単3形×2になった
右側面 左側面。microUSBとSDカードスロットがある 前面の厚さは11.9mm
キーボードはノートPCにかなり近い 液晶は大型/高精細化。左右に余裕ができた分、各種ボタンが配置される 初代ととの比較
こちらは開けたところ iOS端末のBluetoothキーボードになる 新製品は入力しやすさを追求した

●Boogie Board Rip

 Boogie BoardはA4用紙程度のサイズの薄い板状になっており、表面にスタイラスなどで描画すると、画いた部分が変色して、メモを取ることができる製品。表示部分は、バイステーブル型の液晶を使っており、電子ペーパーのように表示については電力を消費しないため、ずっと表示を保つことができる。消去ボタンを押すだけで画面は消去できるので、繰り返し使える。消去の際は電力を消費するが、バッテリは1日8時間の使用で約5日間持続する。

 米Kent Displaysによる製品で、キングジムは、これまでも取り扱いをしていた。新製品となる「Boogie Board Rip」では、画いた内容を本体に保存し、PCに転送する機能が追加された。

 保存する場合は、保存ボタンを押してから描画し、終わったら保存ボタンを再度押す。描画内容はベクターPDFとして内蔵メモリに保存される。メモリ容量は8MBで、100枚以上のメモを保存できる。PDFデータは、本製品をPCにUSB接続して、転送できる。なお、通常の描画は爪など先の細いものなら何でも使えるが、保存ができるのは付属のスタイラスで画いた場合のみ。また、本体上ではある程度の筆圧を表現できるが、保存データは線幅が一定になる。

 また、今後提供予定のPCアプリを使うと、本製品をPCに繋ぎながら、タブレットとしてリアルタイムにPC上で描画できるようになる。

 本体サイズは179×282×13mm(同)、重量は325g。入力エリアのサイズは9.5型。インターフェイスはmicroUSBで、充電もここから行なう。

Boogie Board Rip 文字を書いたところ。表示には電力を消費しない スタイラスが付属
スタイラスは上部に収納 本体背面 保存データの転送と充電はUSBで行なう
スタイラスで画いた内容は本体にベクターPDFとして保存可能 アプリを別途インストールするとタブレットのようにも利用できるようになる 発表会ではキングジム代表取締役社長の宮本彰氏(右から2番目)と、Kent Displaysの社長兼最高財務責任者にJoel Domino氏が挨拶した

(2011年 11月 8日)

[Reported by 若杉 紀彦]