アイ・オー、部材調達困難でHDD製品をリニューアルして値上げ
〜3TBモデルは最大約2倍

HDCA-Uシリーズ

11月中旬より順次発売



 株式会社アイ・オー・データ機器は11月2日、タイ洪水の影響でHDD関連部材調達困難により、HDD製品の一部をリニューアルして値上げし、11月中旬より順次発売すると発表した。

 対象製品は外付け3.5インチモデルの「HDCA-U」シリーズ、ポータブルHDD「HDPC-AU」シリーズ、ポータブルHDD「カクうす」+TV取り付けキットセット品の「HDPC-AU/T」シリーズの3製品。いずれも従来製品から型番末尾が「B」に変更、もしくは追加される。型番変更による仕様変更はない。

 HDCA-Uシリーズのラインナップおよび価格は、1TBモデルが16,485円、2TBモデルが22,050円、3TBモデルが44,415円。従来の価格は順に10,920円、14,280円、22,050円だった。本体色はホワイトとブラックで、いずれも11月中旬発売。

 HDPC-AUシリーズのラインナップおよび価格は、500GBモデルが13,125円、750GBモデルが16,485円、1TBモデルが18,690円。従来の価格は順に11,130円、14,280円、16,485円だった。本体色はピアノブラック、パールホワイト、ビターブラウン、オリエントブルー、オリエントレッドで、ブルーとレッドは500GB/1TBのみ。発売時期は500GB/1TBモデルが11月中旬、750GBモデルが11月下旬。

 HDPC-AU/Tシリーズのラインナップおよび価格は、500GBモデルが14,280円、1TBモデルが19,845円。従来の価格は順に12,075円、17,640円だった。本体色はブラックのみで、11月中旬発売。

HDPC-AUシリーズ HDPC-AU/Tシリーズ

(2011年 11月 2日)

[Reported by 劉 尭]