東芝、Ultrabook準拠の1.12kg/13.3型モバイル「dynabook R631」

dynabook R631

11月中旬 発売

価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、Intelが提唱する“Ultrabook”に準拠した13.3型モバイルノートPC「dynabook R631」を11月中旬より発売する。価格はオープンプライス。

 ドイツのIFA 2011で発表された「PORTEGE Z830」の国内モデル。IFAでは10万円未満を目指したいとしていたが、販売されるモデルはSSDやOfficeの標準搭載によって価格が上乗せされている。

 Ultrabookの定義として、超低電圧版CPUと厚さ21mm以下の条件があるが、本製品はCore i5-2467M(1.60GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載し、厚さは最厚部が15.9mm。13.3型として世界最薄、重量は約1.12kgで最軽量クラスを実現した。バッテリ駆動時間は約9時間。

 独自の「東芝高速スタート」を搭載し、電源OFFからの起動を高速化。キーボードはアイソレーションタイプで、バックライトと防滴機能を備える。このほか、「東芝ピークシフトコントロール」をプリインストールする。スピーカーはステレオ。

 「R631/28D」の1モデルを発売。主な仕様は、Core i5-2467M、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel HM65 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載し、店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN(Intel WiDi対応)、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、指紋センサー、130万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約316×227×8.3〜15.9mm(幅×奥行き×高さ)。

(2011年 9月 29日)

[Reported by 山田 幸治]