日本エイサー、Android 3.2搭載7型タブレット「ICONIA TAB A100」
〜手塚治虫のマンガ全400巻が全て読める電子書籍アプリ搭載

「ICONIA TAB A100」

10月下旬以降発売
価格:オープンプライス



 日本エイサー株式会社は、Android 3.2を搭載する7型タブレット「ICONIA TAB A100」を10月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後となる見込み。

 縦横のサイズがマンガコミックとほぼ同じであることから、電子書籍の利用を前面に打ち出したタブレット。愛称は「マンガロイド」。手塚治虫のマンガ全400巻(約20万円相当)を読むことができるアプリ「手塚治虫マガジン倶楽部」がプリインストールされ、48時間無料で同氏のマンガを読むことができる。無料期間終了後は月額1,050円で、全マンガを好きなだけ読むことができる。

 主な仕様は、Tegra 2 1GHz、メモリ1GB、ストレージ16GB、1,024×600ドット表示対応7型液晶、Android 3.2を搭載。

 インターフェイスは、microUSB、microHDMI、microSDカードスロット、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、500万画素背面カメラ、200万画素前面カメラ、ヘッドフォン端子、センサーは、照度、加速度、ジャイロ、GPS、電子コンパスを装備する。

 スピーカーはステレオでドルビーモバイルに対応。日本語IMEはATOKを採用。バッテリ容量は11.3Wh、駆動時間はHDビデオ再生時約5時間、スタンバイ時約250時間。本体サイズは117×195×13.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約410g。本体色は、ネイビーとチェリーレッドの2色。

電子書籍、中でもマンガの読書利用を訴求 愛称はマンガロイド 正面。サブカメラを装備
背面。メインカメラを装備。色は2色 上面に音量ボタン、画面ロックスイッチ、とmicroSDカードスロット
右側面に、microUSB、microHDMI、スピーカー、ドッキングポート、 左側面に電源ボタンとヘッドフォン端子 底面

(2011年 9月 27日)

[Reported by 若杉 紀彦]