NTTドコモ、PS1ゲーム対応のAndroidスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」

Xperia PLAY SO-01D

10月〜11月 発売

価格:オープンプライス



 NTTドコモは、ソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を10月〜11月に発売する。

 Xperia PLAY SO-01Dは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のライセンスプログラム「PlayStation Certified」に対応。Android端末で初代プレイステーションのゲームを遊ぶことができる。「クラッシュ・バンディクー」や「みんなのGOLF 2」など5タイトルをプリインストールするほか、PlayStation Storeからダウンロード購入に対応する。

 スライド式のゲーム用キーを装備し、上下左右の方向と○×□△のボタン、アナログスティック代わりのタッチパッドでPSゲームをプレイ可能。このほか、Xperia PLAYに最適化されたゲームを管理・購入できるアプリ「Xperia PLAY Game Launcher」を搭載する。

 OSはAndroid 2.3、CPUはSnapdragon MSM8255 1GHzを搭載。ディスプレイは480×854ドット表示対応の4型タッチパネル。インターフェイスは510万画素カメラ、30万画素インカメラ、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、MicroUSB、microSDHCカードスロット、GPSなどを装備。

 NTTドコモでは「ドコモ スマートフォン」シリーズに分類しており、spモードやドコモマーケットなどのサービスや、テザリングに対応する。

 本体サイズは約120×62×16.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約175g。3Gの連続通話時間は約340分、連続待受は約480時間。

(2011年 9月 14日)

[Reported by 山田 幸治]