Windows Phone 7.5店頭発売イベント開催
〜ゲストに女優の片瀬那奈さん

8月25日 実施



 8月25日、世界初となるWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「Windows Phone IS12T by TOSHIBA」の発売イベントが東京・秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaと有楽町のビックカメラ有楽町店で開催された。

 ヨドバシカメラでは、まずマルチメディアAkiba松井昭次郎店長が登場。「待ちに待っていた製品の発売で、これでスマートフォン市場が盛り上がることは間違いない。ヨドバシカメラでは、マイクロソフトさんのトレーニングを受け、社員の教育も徹底した。お客様からのさまざまな質問にも答えられる」と販売準備が整ったことを強調した。

 次に日本マイクロソフトの樋口泰行社長が登場し、「Windows Phone 7.5を世界に先駆け、日本で発売することができた。大変出来のよいスマートフォンで、サクサク動くし、Word、Excel、PowerPointとOffice製品が標準搭載されている。Windows Phone 7.5は、これからのスマートフォンのあるべき姿を考えて作り直した製品で、1人でも多くの方に使ってもらいたい。Windows Phone! Windows Phone! Windows Phone!」と米本社のスティーブ・バルマーCEOの「デベロッパー!」を思わせる叫びで締めくくった。

 3番目に登場したのは、KDDIの執行役員商品統括本部長の牧俊夫氏。「当社はAndroidスマートフォンも販売しているが、このIS12Tは、スマートフォンは難しいと思っている皆さんに使ってもらいたい製品」と新製品の使いやすさを強く訴えた。

 4番目には富士通東芝モバイルコミュニケーションズの大谷信雄社長が登壇し、「富士通東芝モバイルコミュニケーションズは富士通と東芝の携帯電話事業が統合して誕生したが、実は今回の製品は統合前から開発がスタートした。マイクロソフトさんも自信作と言っている製品で、信頼性、安心感がある製品として期待している」という開発秘話を明らかにした。

 この後、おそらく「Windows Phone 7.5」の「7」にちなんだのであろうタレントの片瀬那奈さんが登場。日本マイクロソフトの樋口社長と共に、新製品の特徴を紹介した。

 前日から製品を使用していたという片瀬さんは、「とにかく動作が速いですね。インターネットの動作スピードも速いし、画像が表示されるスピードも速くて使いやすいです」と感想を紹介。それを聞いた樋口社長は、「よくぞ言ってくれました。動作が速いというのはWindows Phoneの特徴の1つとなっています」と軽快動作をアピールした。

 片瀬さんは鮮やかなカラーが気に入ったようで、「見た目も好きです。このピンクも、黄色もなかなかない色ですね」と絶賛。樋口社長は、「見た目も良いですが、パノラマUIはアイコンが大きいので、長い爪の女性の皆さんにも使いやすいインターフェイスとなっています」と操作性も女性向けであると説明した。

 最後に、参加者全員で発売を記念したテープカットを実施。拍手と共にテープがカットされた。

ヨドバシカメラマルチメディアAkiba松井昭次郎店長 日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏 KDDI執行役員商品統括本部長 牧俊夫氏
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ代表取締役社長 大谷信雄氏 女優の片瀬那奈さん
樋口社長と片瀬那奈さん 全員で発売記念テープカット 全員でWindows Phone 7.5 IS12Tを片手に

 続いて、有楽町のビックカメラ有楽町店でも、ビックカメラ有楽町店 荒井文司店長、樋口氏、牧氏、大谷氏、片瀬那奈さんが登場し、Windows Phone 7.5発売イベントが開催された。

 ビックカメラ有楽町店 荒井店長は、「イベントを開催した店頭スペースをはじめ、店内にも実機を揃えているので、是非、実機を手に取ってみて下さい」と述べた。

 その後、くす玉を割ってWindows Phone 7.5の発売を祝うと共に、製品販売が始まった。

 片瀬那奈さんは、「スマートフォンがここまで使いやすくなっていたのに驚きました。ピンクが好きなんですが、なかなか好きなピンクの携帯電話がなかったのです。このピンクはかなり好きな色で、ジャケ買いしてしまいそうですね」とオシャレな女性から見てもデザイン的に合格点だと話した。

 日本マイクロソフトの樋口社長は、「後発にはなるが、スマートフォン市場はまだこれから。東京では3割程度のシェアがあるようだが、地方ではそこまでは行っていないなど後発でもこれから市場に入り込む余地は十分にある。ではマイクロソフトがどの程度のシェアをとるのかといった具体的な数値はお話できないが、これから市場開拓に力を入れていく。アプリケーションの数が追いついていないという指摘があるが、それは後発だから当然のことで、米国でもスゴイ勢いでアプリケーションが開発されており、1年後だったら無理だったが、今年ならなんとかキャッチアップできる」との見方を示した。

 日本での端末の開発体制についても、「前バージョンは日本法人が全く関わらず、米本社と日本の端末メーカーさんの契約で製品が開発されていた。今回は、米国のスタッフ、日本法人のスタッフが一緒になってキャリアメールの開発といった作業を日本で行なっている。日本での端末開発にはこうした体制も必要だと感じている」と体制を強化したことを説明した。

 Android搭載のスマートフォンの発売にも力を入れているKDDIの牧本部長は、「当社はスマートフォン立ち上げとしてAndroidに注力してきた。一方、Windows Phoneを最初に見た時に、もっと幅広い層に、簡単に利用できるスマートフォンとして訴求できるのではないか」と異なるユーザー層を獲得できるとした。

 富士通東芝モバイルコミュニケーションズの大谷社長も、「AndroidとWindows Phoneは全く異なる性格を持っている。オープンな環境で開発され、なんでも自由なAndroidに比べ、マイクロソフトさんの管理の下きっちり作られたWindows Phoneは、セキュリティも確保されている。決して市場は被らず、ニーズに合わせて色々な選択ができる環境がスマートフォン市場に出来上がったということではないか。富士通も東芝さんも長年パソコンでマイクロソフトさんとの関わりが長く、その我々が開発した日本製スマートフォンに期待して欲しい」と同じスマートフォンでもOSごとに特性が異なるとした。

 携帯電話売り場を担当するビックカメラ有楽町店の望月俊治氏によると、「具体的な数は明らかにできないが、予約段階での販売数量は予想を上回る勢い。今のところ、若い男性客の予約が多い」という。

 日本マイクロソフトでWindows Phoneを担当する業務執行役員コミュニケーションズ パートナー統括本部長の横井伸好氏は、「発売に合わせてauの販売員の方を中心に、販売現場向けトレーニング、マニュアルの提供など販売支援を続けてきた。是非、店頭に足を運んで気軽に製品に触れて、販売員さんに製品について質問して欲しい」と話した。

ビックカメラ有楽町店店長 荒井文司氏 全員で発売記念くす玉
全員でWindows Phone 7.5 IST12Tを片手に 片瀬那奈さん
日本マイクロソフト業務執行役員コミュニケーションズ パートナー統括本部長 横井伸好氏 ビックカメラ有楽町店 望月俊治氏 ビックカメラ有楽町店Windows Phone売り場

(2011年 8月 25日)

[Reported by 三浦 優子]