日本HP、15.6型液晶搭載「dv6-6000」
〜PremiumとStandardの2つのラインナップ

「dv6-6000」Premium Line

4月中旬 発売
直販価格:49,980円〜



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人市場向けノートPC「dv6-6000」を自社の直販サイトで4月中旬から発売する。直販価格は、最小構成時で49,980円〜。

 15.6型1,366×768ドット液晶を搭載したノートPCで、普及型のStandard Lineと、上位のPremium Lineの2ラインが用意される。

「dv6-6000」Standard Line

 Standard Lineは、Core i3-2310M(2.10GHz)またはCore i5-2410M(2.30GHz)が搭載され、ボディカラーはエスプレッソブラック。Premium LineはCore i7-2630QM(2GHz)/2720QM(2.20GHz)とAMD Radeon HD 6770 GPUが搭載され、外装はdv7と同じイメージのダークアンバーとなる。

 トップカバーとパームレストはヘアライン加工されたアルミニウム製。

 最小構成例はStandard Lineで、Core i3-2310M(ビデオ機能内蔵)、2GBメモリ、250GB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。BTO選択肢として、1TB HDDや160GB SSD、Blu-ray Discドライブなどが用意される。

 インターフェイスはUSB 3.0、IEEE 802.11b/g/nなどで、Bluetoothも搭載可能。指紋認証機能や、4台のBeats Audioスピーカー、2つのヘッドフォン端子などdv7に準じた仕様となっている。

 OSはWindows 7 Home Premium(64bit)。Officeは標準では搭載されないが、Microsoft Office Personal 2010とHome and Business 2010が選択できる。

(2011年 4月 4日)

[Reported by 伊達 浩二]