日本HP、17.3型液晶搭載「dv7-6000」
〜シンプルな新デザインに刷新

「dv7-6000」

4月中旬 発売
直販価格:59,850円〜



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人市場向けノートPC「dv7-6000」を自社の直販サイトで4月中旬から発売する。直販価格は、最小構成時で59,850円〜。

 ENVYの次の位置にあたるプレミアムラインのノートで、筐体が一新された。シャーシはプラスチック素材だが、外装はアルミニウム製で、アルマイト+ヘアライン加工となった。ボディカラーはダークアンバー。最近のHPのコンシューマモデルとしては珍しいシンプルな仕上がりとなっている。

 最小構成時の仕様は、Core i5-2410M(2.30GHz)、2GBメモリ、Radeon HD 6490 GPU、320GB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。

 BTOに対応し、Core i7-2630QM/2720QM/2820QM、Radeon HD 6770 GPU、2TB HDD、160GB SSD+500GB HDD、Blu-ray Discドライブなどが選択できる。

 インターフェイスはUSB 3.0、IEEE 802.11b/g/nなどで、Bluetoothも搭載可能。指紋認証機能や、4台のBeats Audioスピーカー、2つのヘッドフォン端子などが特徴。

 標準搭載OSはWindows 7 Home Premium(64bit)で、同Professional(64bit)も選択可能。Officeは標準では搭載されないが、Microsoft Office Personal 2010とHome and Business 2010が選択できる。前モデルのdv7-5000で搭載されていたPaintShop Photo Pro X3やVideo Studio X3などのマルチメディア編集系ソフトウェアは搭載されない。

(2011年 4月 4日)

[Reported by 伊達 浩二]