シグマA・P・O、5ボタン装備のトラックボール“ごろ寝マウス”

SGMRF3シリーズ

4月中旬 発売
価格:オープンプライス



 シグマA・P・Oシステム販売株式会社は、5ボタンを装備したトラックボール“ごろ寝マウス”「SGMRF3」(無線)、「SGM3」(有線)シリーズを4月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ5,980円前後、3,980円前後の見込み。

 手に握って操作できる小型のトラックボール。従来モデルと同様、ボールの左右にボタン、ボールの下部にホイールを備えるほか、人差し指に当たる部分に2つのボタン(左クリック、戻る)を追加することで、操作が難しかったドラッグ&ドロップ操作を容易に行なえるようになったという。

 自立デザインを採用することで、握ったスタイルだけでなく机の上に置いての利用も可能。また、別途同社のホームページからアプリケーションドライバをダウンロードして利用することで、85種類の機能を5つのボタンに自由に割当てられる。

 このほか、左右対称形によるユニバーサルデザインや、手汗による滑りを軽減する凹凸のある革調グリップ、トラックボールを容易に取り外して清掃できる機構、400dpi/800dpiの解像度切り替え機能、ストラップホールの装備などの特徴を備える。いずれもセンサーは光学式。

人差し指に当たる部分に左クリックと戻るボタンを装備 トラックボールは容易に取り外し可能

 無線モデルの「SGMRF3」は、バッテリの消耗を防ぐON/OFFスイッチや、薄型で本体バッテリ室に装着できるレシーバなどを備える。レシーバのインターフェイスはUSBで、通信は2.4GHz帯を利用し、通信距離は非磁性体上で約10m、磁性体上で約3m。電池は単4形乾電池×2で、想定駆動時間は約50日(1日8時間のPC操作で、約25%がマウス操作の場合)。重量は約61g(電池除く)。

 有線モデルの「SGM3」は、インターフェイスがUSB、ケーブル長が約1.5m。重量は約81g(ケーブル含む)。

 いずれも本体サイズは共通で99×54.2×55mm(幅×奥行き×高さ)。対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7。本体色はブラック(型番末尾:BK)、ガンメタリック(GM)、ホワイト(WH)の3種類が用意される。

SGMRF3BK SGMRF3GM SGMRF3WH
SGM3BK SGM3GM SGM3WH

(2011年 3月 25日)

[Reported by 劉 尭]